正しい英語の習得方法を提供しています!

時事英語「ビルとメリンダゲイツ財団企業が遺伝子組み換え蚊を放出」をチャンクリーディングで解説

ビルゲーツとメリンダゲーツ氏は、つい先日離婚を発表して

話題になりましたが、ビルゲーツ夫妻といえば、財団を設立

して活動されれいることが世界的にも有名です。

今回は、このビルゲイツ財団が出資している企業が

蚊による病気を防御するために、遺伝子組み換えの

蚊を放出したという英語記事について、スラッシュ・リーディング

をつかって解説してみたいと思います。

ビルとメリンダゲイツ財団企業が遺伝子組み換え蚊を放出

Genetically modified mosquitoes have been released for the first time /

in the United States/ as part of an experiment/ to combat insect-borne diseases/

such as Dengue fever, yellow fever,/ and the Zika virus.

デング熱、黄熱病、ジカウイルスなどの昆虫が媒介する病気に対抗するための

実験の一環として、遺伝子組み換えの蚊が米国で初めて放たれました。

UK-based biotechnology firm Oxitec,/ which is funded by the Bill and Melinda Gates Foundation,/

said it released the mosquitoes in six locations in Monroe County’s Florida Keys:/

two on Cudjoe Key, one on Ramrod Key,/ and three on Vaca Key.

It’s part of an effort/ to help tackle a disease-transmitting invasive mosquito population/

—the Aedes aegypti mosquito species—/

that’s responsible for “virtually all mosquito-borne diseases /

transmitted to humans,” /according to the company.

ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団が出資している英国のバイオテクノロジー企業

「オキシテック」は、モンロー郡のフロリダキーズの6箇所(カジョーキーに2匹、

ラムロッドキーに1匹、ヴァカキーに3匹)に蚊を放ったという。これは、

「蚊が媒介する病気のほとんどすべて」の原因となっている、

病気を媒介する侵略的な蚊「ヒトスジシマカ」の対策の一環であるという。

These mosquitoes make up about 4 percent/ of the mosquito population in the Keys,/

and transmit dengue, Zika, yellow fever, and other human diseases,/

as well as heartworm and other potentially deadly diseases/ to pets and other animals.

The experiment is/ in collaboration with the Florida Keys Mosquito Control District (FKMCD),/

and was approved by the U.S. Environmental Protection Agency (EPA),/

the Florida Department of Agriculture and Consumer Services (FDACS),/

the U.S. Centers for Disease Control/

and Prevention, and an independent advisory board.

Over the next 12 weeks,/ fewer than 12,000 mosquitoes/

are expected to emerge each week, for approximately 12 weeks.

Untreated comparison sites/ will be monitored/ with mosquito traps/

on Key Colony Beach, Little Torch Key, and Summerland Key.

If successful,/ some 20 million additional genetically modified mosquitoes/

will be released later in the year.

これらの蚊は、キーズ諸島の蚊の個体数の約4%を占め、デング熱、ジカ熱、黄熱病などの

人間の病気を媒介するほか、ペットなどの動物にも心臓病などの死に至る可能性

のある病気を媒介します。

この実験は、フロリダキーズ蚊コントロール地区(FKMCD)と共同で行われ、

米国環境保護庁(EPA)、フロリダ州農業消費者サービス局(FDACS)、

米国疾病管理予防センター、および独立諮問委員会の承認を得ています。

今後、約12週間にわたり、毎週12,000匹未満の蚊が出現することが予想されます。

未処理の比較サイトは、キーコロニービーチ、リトルトーチキー、サマーランドキーの

蚊取り器でモニターされます。成功すれば、年内に約2,000万匹の

遺伝子組み換え蚊が追加で放たれる予定です。

We really started looking at this/ about a decade ago,

because we were/ in the middle of a dengue fever outbreak here/

in the Florida Keys,” FKMCD Executive Director Andrea Leal/

said during a video news conference.

“So we’re just very excited to move forward with this partnership,/

working both with Oxitec and members of the community.”

The insects released by the biotechnology firm/ are all male,/

so they don’t bite. They’re expected to mate with the local biting female mosquitoes,/

and in doing so,/ they will pass on a lethal gene/ that will ensure their female offspring die/

before reaching maturity.

According to Quartz,/ areas including Malaysia, Brazil, the Cayman Islands,/

and Panama,/ where similar experiments have been carried out,/

have seen mosquito populations drop by as much as 90 percent.

The project has faced backlash/ from residents,/

who say their consent was not sought for the experiment.

FKMCDのアンドレア・リール事務局長は、ビデオ会見で

「フロリダキーズでデング熱が発生していたため、

10年ほど前から検討を始めました。”だからこそ、このパートナーシップを進め、

オキシテック社と地域の人々と一緒に仕事ができることにとても興奮しています」。

バイオテクノロジー企業であるオキシテック社が放った昆虫はすべてオスであり、

噛むことはない。この虫は、地域の蚊に刺されたメスの蚊と交尾し、その際に

メスの子供が成虫になる前に死亡するような致死遺伝子を受け継ぐことが期待されています。

Quartzによると、同様の実験が行われたマレーシア、ブラジル、ケイマン諸島、

パナマなどの地域では、蚊の個体数が90%も減少したという。

このプロジェクトは、住民からの反発を受けており、実験への同意が

求められていないという。

チャンクリーディングで解説する

スラッシュは以下のところで区切ります。

  • カンマ、コロン、セミコロンの後
  • 前置詞(in、on、withなど)の直前
  • 接続詞(that節、whether節、if、andなど)の直前
  • to 不定詞の前
  • 疑問詞の前
  • 目的語や補語の直前
  • 関係詞の直前
  • 長い主語の直後

のルールとなります。

このルールをもとに、この英語記事を区切って

みました。このやり方で英語の長文読解を実践して

みると、英語を前から理解する習慣が身に付きます。

英語という言語は、日本語とはまったく違い、前から

理解しないと、スピードにもついていけません。

一方、日本語は後ろに結論がある言語なので、

とにかく、英語を英語で理解していく練習を積み重ねる

ことが大事だと思います。

まとめ

今回は、ビルゲイツ財団の活動(ビルとメリンダゲイツ財団企業が

遺伝子組み換え蚊を放出)の英語記事をチャンクリーディング

をつかって解説しました。

英語勉強は、興味のある記事やネタを材料に勉強すると

もっと身についていくと思いますので、ぜひ参考にして

みてください。

スラッシュリーディングのやり方を実践でわかりやすく解説!

【英語記事Axios】ビル、メリンダゲイツ夫妻が離婚をチャンクリーディングで解説

 

プロフィール


Yoshi

英語が苦手だった50代のおじさんが一念発起して英語学習を再開しました。もちろん留学経験とか全くないおじさんが今ではふつうにリスニングや会話ができるようになりました。ちなみにTOEICもこの年で900点を突破しました。このブログではもともと英語が苦手だったおじさんが英語が好きになった過程と教材そして情報を提供しています。

おすすめ英語教材トップ5!
プライム・イングリッシュ
ネイティブ・イングリッシュ
★英語教材の定番★【アルクのヒアリングマラソン】
TOEIC完全攻略900点コース
たった60日で英語が話せる!世界の七田式英語教材7+English
(TOEIC対策アプリ)スタディサプリEnglish
スタディサプリEnglish
ストアランキング1位!実績の英語学習アプリがこちら!
最近の投稿
英語教材情報