正しい英語の習得方法を提供しています!

時事英語:「brain-control technology」の意味とアメリカが中国を非難している背景は

気になる時事英語を英語を習得することは

とても効率的であり、また世界でなにが起きているか

を知る意味においても、とても意義深い英語の勉強

方法だと思います。

今回は「zero hedge」に掲載されていた、気になる

記事を取り上げて英語の解説をしてみまいた。

中国がbrain-control technologyを開発?

Over alleged brain-control weaponry,

the Biden Administration Blacklists 34 Chinese Entities.

The Biden administration said Thursday it imposed trade restrictions

on more than 30 Chinese research institutes and entities

over human rights violations and the alleged development of technologies,

such as brain-control weapons, that undermine U.S. national security.

翻訳

脳をコントロールする兵器の疑いで、バイデン政権が中国の34の

企業をブラックリストに登録した。

バイデン政権は木曜日、人権侵害や、脳をコントロールする兵器など、

米国の国家安全保障を損なう技術開発の疑いで、30以上の中国の

研究機関や団体に貿易制限を課したと発表した。

brain-control technology とは

The Commerce Department accused China’s Academy of Military Medical Sciences

and 11 of its research institutes of using biotechnology

“to support Chinese military end uses and end users,

to include purported brain-control weaponry,” according to a notice

in the Federal Register.

The Washington Post had these interesting comments.

“The scientific pursuit of biotechnology and medical innovation

can save lives,” Commerce Secretary Gina Raimondo said in a statement.

“Unfortunately, [China] is choosing to use these technologies

to pursue control over its people and its repression of members of ethnic

and religious minority groups. We cannot allow U.S. commodities, technologies,

and software that support medical science and biotechnical innovation

to be diverted toward uses contrary to U.S. national security.”

翻訳

連邦官報に掲載された通達によると、商務省は中国の軍事医学アカデミーと

その研究機関11カ所が、バイオテクノロジーを「中国軍の最終用途と

最終ユーザーを支援するために使用しており、それには脳を制御する

兵器と称するものも含まれる」と非難しています。

ワシントンポスト紙は次のような興味深いコメントを載せている。

ジーナ・ライモンド商務長官は声明で、「バイオテクノロジーと医療技術革新の

科学的追求は、人命を救うことができる」と述べた。「残念ながら、(中国は)

これらの技術を、国民に対する支配や、少数民族や宗教団体のメンバーに対する

弾圧を追求するために使うことを選択している。医学とバイオテクノロジーの

革新を支える米国の商品、技術、ソフトウェアが、米国の国家安全保障に反する

用途に転用されることは許されない」と述べた。

The State Department has deemed as “genocide” China’s repression

of Uyghurs and other Muslim minorities in Xinjiang,

which includes the use of forced labor and sterilization.

The U.S. intelligence community has said

that China has established a “high tech surveillance system”

across Xinjiang “as part of its apparatus of oppression,”

said a senior administration official, speaking

on the condition of anonymity because of the matter’s sensitivity.

As a part of that system, authorities not only use biometric facial recognition

for mass surveillance, but also have collected DNA samples

from all Xinjiang residents ages 12 to 65, the official said.

翻訳

国務省は、中国が新疆ウイグル自治区で行っているウイグル人や

その他のイスラム系少数民族への弾圧を「ジェノサイド」とみなし、

強制労働や不妊手術の実施を含むとしている。米国情報機関は、

中国が「抑圧装置の一部として」新疆ウイグル自治区全域に

「ハイテク監視システム」を構築していると述べている、とある政権高官は

この問題の微妙さを理由に匿名を条件に語っている。

このシステムの一環として、当局は生体認証による顔認識で集団監視を

行うだけでなく、12歳から65歳までのすべての新疆住民から

DNAサンプルを採取しているという。

中国がこの技術を軍事目的で開発中か?

Under China’s “military civil fusion” strategy,

Beijing is seeking to use emerging biotechnologies

to support future military applications, including sponsoring research

on gene editing, human performance enhancement,

brain machine interfaces and biological materials, the official said.

“We’ve had concerns about China’s activity in the biotechnology space

for quite a while,” the official said, adding that targeting firms

and bolstering the U.S. biotechnology sector

will be a “continued area of focus for us.”

翻訳

中国の「軍民融合」戦略の下、北京は遺伝子編集、人間のパフォーマンス向上、

ブレイン・マシン・インターフェース、生体材料などの研究を支援するなど、

新興バイオテクノロジーを将来の軍事用途に利用しようとしている、

と同政府関係者は述べた。

「我々は、かなり長い間、バイオテクノロジー分野における中国の活動に対して

懸念を持っていた」と同高官は述べ、企業をターゲットにして米国の

バイオテクノロジー分野を強化することが、「我々にとって継続的な

焦点となる分野」であると付け加えた。

The Biden administration said Thursday

it is adding China’s top military medical research institute

to an export blacklist in response to concerns

about Beijing’s use of emerging technologies such as biometrics

and brain-control weapons in ways that U.S. officials say threaten national security.

In a very lengthy sentence that names companies

that are blacklisted, the actual statement by the Federal Register

says “its eleven research institutes use biotechnology processes

to support Chinese military end uses and end users,

to include purported brain-control weaponry.

This activity is contrary to U.S. national security

and foreign policy interests under § 744.11(b) of the EAR.”

翻訳

バイデン政権は木曜日に、北京がバイオメトリクスや脳制御兵器などの

新技術を国家安全保障を脅かす方法で使用しているとの懸念に応え、

中国トップの軍事医療研究機関を輸出ブラックリストに追加すると発表した。

ブラックリストに掲載される企業名を挙げた非常に長い文章の中で、

連邦官報による実際の声明は、「その11の研究機関は、中国の軍事的最終用途と

エンドユーザーを支援するためにバイオテクノロジープロセスを使用しており、

その中には脳制御兵器と称されるものも含まれています」と述べています。

この活動は、EARの§744.11(b)に基づく米国の国家安全保障

および外交政策の利益に反している。”とあります。

I have no idea what China is or isn’t doing, nor it seems does the Federal Register.

The word “brain” appears only once in the document preceded immediately

by the word “purported”.

What’s Going On?

The Biden administration wants to sanction China

over human rights abuses just as Trump sanctioned China over trade disputes.

Meanwhile, let’s take a look at how mind control works in the US.

中国が何をしているのかしていないのか、私には全く分からないし、

連邦官報も分からないようだ。この文書では、”brain “という単語は一度だけ登場し、

その直後に “purported “という単語が続いています。

何が起こっているのか?

バイデン政権は、トランプが貿易摩擦で中国に制裁を加えたように、

人権侵害で中国に制裁を加えたいと考えている。

しばらくの間、米国ではマインドコントロールがどのように機能しているのか見てみよう。

まとめ

今回は「brain-control technology」の中国の関わりとアメリカが避難して

いる背景の記事をとりあげました。

この意味は、脳をコントロールする技術であり、これが別の目的で

使われると恐ろしいことになります。アメリカは中国に対してその疑念を

抱いており、実際に行っている可能性が高いようです。

英語記事をとりあげて、英語の勉強することは、単に日本語ソースの

情報をとろうとするのではなく、世界でなにが起きているのか、を知るうえ

でも重要であり、また英語力を高めることにおいても飛躍的に役立つ方法

だと思います。

スタディサプリEnglishでのディクテーション勉強法とは?画期的に伸びた体験談!

 

プロフィール


Yoshi

英語が苦手だった50代のおじさんが一念発起して英語学習を再開しました。もちろん留学経験とか全くないおじさんが今ではふつうにリスニングや会話ができるようになりました。ちなみにTOEICもこの年で900点を突破しました。このブログではもともと英語が苦手だったおじさんが英語が好きになった過程と教材そして情報を提供しています。

おすすめ英語教材トップ5!
プライム・イングリッシュ
ネイティブ・イングリッシュ
★英語教材の定番★【アルクのヒアリングマラソン】
TOEIC完全攻略900点コース
たった60日で英語が話せる!世界の七田式英語教材7+English
(TOEIC対策アプリ)スタディサプリEnglish
スタディサプリEnglish
ストアランキング1位!実績の英語学習アプリがこちら!
最近の投稿
英語教材情報