正しい英語の習得方法を提供しています!

英語時事ニュース「注目は北京オリンピックのボイコット問題へ」をスラッシュリーディングで解説すると

東京オリンピックが終わり、注目は半年後に迎える

北京オリンピックにうつってきました。

ただ、そこには、コロナパンデミックの問題だけでなく

人権問題で複雑な様相を呈しているようです。

今回は時事英語ニュースを題材にして、スラッシュリーディング

で解説してみたいと思います。

北京オリンピックのボイコットの動きは

The Tokyo Olympics games/ ran relatively smoothly/

during the COVID-19 pandemic,/ although it was not open to spectators.

The United States scored the most gold medals with 39,/

with China coming in second with 38. The United States also ranked first/

in the overall medal tally with 113 medals, including 41 silver medals,/

and 33 bronze medals—far surpassing China,

again in second place, with 88 medals.

翻訳

COVID-19のパンデミックの中、東京オリンピックの試合は、

観客に公開されなかったものの、比較的スムーズに行われました。

金メダルの数はアメリカが39個と最も多く、2位は中国の38個でした。

銀メダル41個、銅メダル33個の合計113個のメダルを獲得し、

2位の中国(88個)を大きく引き離して1位となりました。

As the host country,/ Japan performed the best in its history/

since participating in the Olympics, /winning a total of 58 medals,/ including 27 gold.

While the CCP (Chinese Communist Party) virus causing the COVID-19 pandemic/

is still raging around the world,/ there are only six months/

before the 2022 Beijing Winter Olympics.

The pandemic is just one of the problems/

that the Beijing Winter Olympics is facing.

CTV, Canada’s largest private television network,/ conducted a poll of thousands

of Canadians during the Tokyo Olympics.

It announced its results on the closing day /of the Tokyo Olympics/

showing that more than 60 percent of respondents/

supported a boycott of the Beijing Winter Olympics.

In recent years,/ the Chinese regime has been accused /by human rights experts

and organizations, /liberal democratic nations, /and United Nations experts

of mass detention /of at least one million Uyghurs/

and other ethnic minorities in Xinjiang.

翻訳

開催国である日本は、オリンピック参加以来、最高の成績を収め、

金27個を含む計58個のメダルを獲得しました。

COVID-19のパンデミックを引き起こした中国共産党(CCP)のウイルスが

いまだに世界中で猛威を振るっている中、2022年の北京冬季オリンピック開催まで

あと半年しかありません。パンデミックは、北京冬季オリンピックが

直面している問題のひとつに過ぎません。

カナダ最大の民放テレビ局であるCTVは、東京オリンピックの期間中、

数千人のカナダ人を対象に世論調査を行った。東京五輪閉会日に発表された

その結果は、北京冬季五輪のボイコットを支持する人が6割を超えていた。

近年、中国の政権は、新疆ウイグル自治区において、少なくとも100万人の

ウイグル人をはじめとする少数民族を大量に拘束しているとして、

人権専門家や団体、自由民主主義諸国、国連の専門家から非難されています。

Policies amounting to cultural extermination/ and experiences /

of political brainwashing has been characterized/ by U.S. administrations as “genocide.”

But while the ruling CCP continues to push back against the “genocide” accusations,

more and more international organizations and countries

are calling for the 2022 Winter Olympics to be moved from Beijing.

文化的な抹殺と政治的な洗脳に相当する政策は、米国の政権によって

「ジェノサイド」と呼ばれています。

しかし、与党の中国共産党が「ジェノサイド」の非難に反発し続ける一方で、

2022年の冬季オリンピックを北京から移転するよう求める国際機関や国が増えている。

In February, more than 180 human rights organizations/

issued a joint open letter urging world leaders/ to take a diplomatic boycott/

of the upcoming Winter Olympics in Beijing,/ including not sending leaders

or dignitaries to China to participate in any activity /

in protest of the regime’s mass human rights abuses.

The letter cited accusations of serious human rights violations/

by the Chinese communist regime in Tibet, Xinjiang, /

and Inner Mongolia. It also pointed out/ that Beijing has increased threats/

to regional security across the Taiwan Strait, the South China Sea,/

and the Sino-Indian border in recent years.

However, on the grounds of political neutrality and an inability/

to change a country’s legal and political system, /

the International Olympic Committee refused to the request/

from international organizations/ to change the venue of the 2022 Winter Olympics

/from Beijing to other countries.

So far, no government has officially announced a diplomatic boycott /

of the Beijing Winter Olympics, /but lawmakers /

in the United States, Canada, the European Union, and the United Kingdom/

are all calling on their governments to take action.

翻訳

2月、180以上の人権団体が共同で公開書簡を発表し、世界の指導者たちに、

来るべき北京冬季オリンピックの外交的ボイコットを行うよう求めました。

書簡では、中国共産党政権がチベット、新疆、内モンゴルで深刻な人権侵害を

行っていることを告発しています。また、中国が近年、台湾海峡、南シナ海、

中印国境などで地域の安全保障に対する脅威を増大させていることも指摘しています。

しかし、国際オリンピック委員会は、政治的中立性や国の法制度・政治制度を

変更できないことを理由に、国際機関からの2022年冬季オリンピックの

開催地を北京から他の国に変更するよう求める要請を拒否しました。

今のところ、北京冬季オリンピックの外交ボイコットを公式に発表した

政府はありませんが、米国、カナダ、欧州連合、英国の議員たちは、

それぞれの政府に対応を呼びかけています。

スラッシュリーディングで解説すると

スラッシュは以下のところで区切ります。

  • カンマ、コロン、セミコロンの後
  • 前置詞(in、on、withなど)の直前
  • 接続詞(that節、whether節、if、andなど)の直前
  • to 不定詞の前
  • 疑問詞の前
  • 目的語や補語の直前
  • 関係詞の直前
  • 長い主語の直後

のルールとなります。

このルールをもとに、この英語記事を区切って

みました。このやり方で英語の長文読解を実践して

みると、英語を前から理解する習慣が身に付きます。

英語という言語は、日本語とはまったく違い、前から

理解しないと、スピードにもついていけません。

一方、日本語は後ろに結論がある言語なので、

とにかく、英語を英語で理解していく練習を積み重ねる

ことが大事だと思います。

まとめ

今回は、東京オリンピックが終わり、半年後にせまっている

北京オリンピックについて取り上げました。

英語勉強は、興味のある記事やネタを材料に勉強すると

もっと身についていくと思いますので、ぜひ参考して

みてください。

時事英語「ビルとメリンダゲイツ財団企業が遺伝子組み換え蚊を放出」をチャンクリーディングで解説

ヒアリングマラソン6か月コースで英語脳を作るやり方をわかりやすく伝授!

プロフィール


Yoshi

英語が苦手だった50代のおじさんが一念発起して英語学習を再開しました。もちろん留学経験とか全くないおじさんが今ではふつうにリスニングや会話ができるようになりました。ちなみにTOEICもこの年で900点を突破しました。このブログではもともと英語が苦手だったおじさんが英語が好きになった過程と教材そして情報を提供しています。

おすすめ英語教材トップ5!
プライム・イングリッシュ
ネイティブ・イングリッシュ
★英語教材の定番★【アルクのヒアリングマラソン】
TOEIC完全攻略900点コース
たった60日で英語が話せる!世界の七田式英語教材7+English
(TOEIC対策アプリ)スタディサプリEnglish
スタディサプリEnglish
ストアランキング1位!実績の英語学習アプリがこちら!
最近の投稿
英語教材情報