正しい英語の習得方法を提供しています!

チャンクリーディングを最新英語記事(第3次世界大戦の可能性)からやり方を学ぶ!

世界の重要なニュースはやはり英語記事が充実しています。

そして2020年の年明けに世界の今後揺さぶるような

大きなニュースが飛び込んできました。

それが、アメリカがイランの軍事司令官のトップを殺害

したことです。これは、一般的に考えるならば、宣戦布告とも

とれる行動であり、2020年のみならず、今後の世界が

どうなっていくのかとても恐ろしいニュースですが、

今回はこの重要なニュースに関連する英語記事をつかって英語脳

を鍛える方法を伝授しようと思います。

ソレイマニ殺害のイラン報復措置ついての記事

For all the prior warnings/ and bluster, it’s hard

/to think of a more precarious period /of the Trump presidency

/than this very moment.

The surprise of Iranian general Qasem Soleimani’s killing

/has left the world on edge.

日本語訳

以前にも警告や挑発があったが、これほどまでに、トランプ政権

の今までのなかで、危険な状況にはいっている時期はないと思う。

トランプ政権が突然にソレイマニ司令官をを殺害したことは

世界を危険の窮地にさらしている。

In Tehran, the Ayatollah /threatened a “forceful revenge.”

In Baghdad, the U.S. government /urged Americans

/to flee the country/ as Iraqi lawmakers /worked on

legislation /asking U.S. troops to leave.

日本語訳

テヘランでは、アヤトラが強力あ報復を示唆しています。

イラクでは、米国政府は、イラクがアメリカ軍の撤退を国会で

成立させようとしているため、アメリカ人に国外退去を促して

います。

アメリカが起こす次の行動とは

In Fort Bragg, North Carolina, roughly 3,500 members

of the 82nd Airborne /prepared to deploy to Kuwait.

In Florida, President Trump said/ he does not want regime

change /and “we did not take action to start a war.”

And in Washington, some Democrats /forcefully opposed

/further action, while Secretary of State Mike Pompeo claimed/

“dozens if not hundreds of American lives” /were at “imminent” risk.

He did not provide specific evidence.

日本語訳

ノースカロライナ州フォートブラッグでは、第82空母の約3,500人

のメンバーがクウェートに配備する準備をしていました。

フロリダで会見を臨んだトランプ大統領は、イランの政権交代を

望んでおらず、「私たちは戦争を開始するための行動を起こしていない」

と述べた。

そしてワシントンでは、一部の民主党員はさらなる行動に

強力に反対している。しかしマイク・ポンペオ国務長官は

「数百人ではないにしても数十人の命」が死の危険にさらされていた

と主張した。しかし彼はその特定の証拠を提供していない。

次イランが起こす可能性のある報復措置は

A good deal of the tension /comes from the range of

possible outcomes.

“Iranians/ are the masters /of striking soft targets …

In the past few years, they have honed an ability

/to cause low-level chaos,” the N.Y. Times reports.

Cyberattacks /like the one /that hit U.S. banks prior to the Iran Deal.

Targeting America’s Gulf allies, especially Saudi Arabia.

Using proxies in Syria, Lebanon and the Gaza Strip.

What’s next: The White House is preparing to present

partners and allies with intelligence on the “imminent threat”

it says prompted this attack, Kirsten Fontenrose,

who served on the National Security Council earlier

in the Trump administration, said on an Atlantic Council conference call.

日本語訳

今後起こりえることはいろんな可能性がある。

イランはソフトターゲットの達人である。

過去数年で、彼らは大きくはなくても混乱を引き起こした、

とN.Y.タイムズは伝えている。

可能性としては、イランによる米国の銀行を襲ったようなサイバー攻撃。

アメリカの湾岸同盟国、特にサウジアラビアをターゲットにした攻撃。

シリア、レバノン、ガザ地区で委任権の行使をする。

次におこる可能性としは、ホワイトハウスはパートナーや

同盟国に「差し迫った脅威」に関する情報を提供する準備を

していると、トランプ政権の初期に国家安全保障理事会に

参加したキルステン・フォンテンローズは、大西洋理事会の

電話会議で語った。

英語脳を鍛えるには多読と多聴が大事!

多聴とは文字通り英文を多く聴くことです。ただし、初めて

聴いたときに80%程度以上理解できる素材を使用しないと

あまり意味がありません。そして、多読については、

興味があること、そして起きている世界の重要なニュースなど

を題材にして興味をもって読むことが大事です。

チャンクリーディングが英語脳を鍛えるのに役立つ!

今回は、第3次世界大戦のきっかけともなりうる大きな事件

を題材にして英語脳をつくる方法を解説していますが

そのひとつとして、スラッシュリーディングです。

上記の英語記事において、スラッシュで区切り

英語を英語の順番のまま把握していく方法を鍛えて

います。これが英語脳を作る鍵のひとつで、けっして

日本語の順番に英語を読もうとしないことが重要です。

多聴にはヒアリングマラソンが有効

ヒアリングマラソンはあらゆる分野でのコンテンツが含まれています。

多聴する題材が豊富にあります。やさしい英文を多く聴くことで

英語脳を強化することができます。

まとめ

英語脳をつくることは、英語を英語のまま使うことを

目指すことです。言語の基本要素は単語・文法・発音の3つしか

ありませんが、この3つの中で日本人にとって一番重要かつ

克服しなければならないのが発音と同時にヒアリングです。

これを克服するポイントは、上記のように興味のあるそして

重要な英語ニュースの英文を語順通りに

理解するトレーニングを続けることができれば、

英語脳が作られ、そして強化されていきます。

 

ヒアリングマラソンはそのトレーニングを満たすコンテンツ

が含まれているので、まずは自分に合うかどうか試して

みるのもよい方法だと思います。


おすすめ英語教材トップ5!
プライム・イングリッシュ
ネイティブ・イングリッシュ
★英語教材の定番★【アルクのヒアリングマラソン】
TOEIC完全攻略900点コース
たった60日で英語が話せる!世界の七田式英語教材7+English
(TOEIC対策アプリ)スタディサプリEnglish
スタディサプリEnglish
ストアランキング1位!実績の英語学習アプリがこちら!
最近の投稿
英語教材情報