正しい英語の習得方法を提供しています!

意外にもリーディングが英語がペラペラになる効果となる

 

軽視しがちなリーディング

とくに、ビジネスで使う言い回し、教養ある言い回しは

リーディングから吸収していきます。

日本語で難しい言い回し例えば「煌々(こうこう)たる灯り」

などは、口頭でもつかわない、文章の世界の言葉です。

ネイティブが、一目置くのは、「おっ、こいつは英語が話せる」と

いうレベルでなく、「おっ、こいつはかなりの教養を身につけて

いる上、それを英語で表現できる」という人です。

 

それは万国共通

これは、日本人がネイティブを評価する場合にも変わらない様に

います。

流暢に話すけど、「それはすごいじゃん。」などと話す欧米人よりも、

多少流暢さに欠けても、自分の言いたいことを適切な表現を使って

話す人のほうが、教養ある欧米人だと思うし、また、信頼もできます。

そういった万国共通の教養を身につける最良の方法は

リーディングです。

 

言葉となるまでリーディングで吸収

しかも、英語リーディングの場合、それが、自分の知識となり

言葉となるほうが望ましいので、ぜひ、ネイティブのように

読める方法を身につけてることが大事です。

 

それは、難しいことでなく、ネイティブと同じ語順で読み、

日本語に訳すのでなく、英語のリズム、文体を吸収することです。

最初は難しいと思うかもしれないが、慣れてくると、

必ずできるようになります。

*英文の頭から読んでいく。

*できるだけ日本語に訳さない。

の2つを心がけると、徐々にできるようになってきます。

慣れてくると、ほとんど日本語に訳さずに読んでいる自分に
気づきます。語彙も読むことで伸びていくのです。

I found my friend trying to understand his son

that he should be free to walk around.

この英語、目で追いながら、最後まで読んで、

それで意味がつかめるようになることが大事です。

そのような読み方では、英語の感覚と全く違ってきてしまいます。

しかし、文頭から、

I found  (英語で理解) なるほど、何を? my friend を

で、my friend がどうしたの?

trying to understand his sonなるほど、どういう風に

that he should be free to walk around.

というように、英語の順に意味を取っていくことで、

初めて英語を読んでいることになります。

 

まとめ

意外とリーディングは、学生時代の勉強のイメージが

あるので敬遠されがちですが、学生の時のように

日本語に直す習慣ではなく、英語を英語として捉える

練習をすると、それが言葉にも役立ち楽しくなるものです。

正しい英語のリーディング方法を身につければ英語ペラペラ

への近道となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ英語教材トップ5!
ネイティブ・イングリッシュ
たった60日で英語が話せる!世界の七田式英語教材7+English
★英語教材の定番★【アルクのヒアリングマラソン】
スーパーエルマー
ネイティブの思考が身につく究極の教材が10日間無料試聴できます!
スタディサプリEnglish
ストアランキング1位!実績の英語学習アプリがこちら!
最近の投稿