正しい英語の習得方法を提供しています!

チャンク(文節)が英語がペラペラになるポイントになる!

これから英語がスラスラ話しているようにネイティブから

見ても自然な英語として聞こえるためののポイントは

ずばりチャンクリーディングです。

重要なのは、チャンク「文節」です。

文節を日本語と英語の違いに分けて解説すると

日本語では、「わたしはサ、英語がサ、わかりません」のように「サ」

やネで区切ったりします。関西弁だとナですか。

これに対して、英語では「主部」「述部」など意味の固まりで区切ります。

これは話し手の主観や状況によっても若干変わりますので、あまり

厳密な規則性はありません。

 

そこで大きなポイントについて解説します。

S/V 主語と述語で切れる

159. Her absence / disappointed me.

非常にシンプルな大原則です。

「AはBだ」「AがBした」という英文の基本構成を意識して

いるだからだろうと思います。基本5文型のところで、

「普段S+Vしか意識しない」と書いたのと共通の意識です。

 

Be動詞の前で切れる

94. All you need / is love. 主部/述部

be 動詞は述部を構成しますので、主部と述部の間で切れるという

ルールに従います。

 

動詞と目的語(V/O)はセットで切れない

I / eat a lot of vegetables.

原則として主部と述部の間で切れますので、動詞と目的語は

セットになります。

that  関係副詞などの前で区切る

She didn’t know / that he was surprised

She didn’t know / why he was surprised,

She didn’t know / how much he was surprised.

 

原則として動詞と目的語はセットで切れないと言いましたが

that 以下で後に続く文が長い場合は、こちらが優先されます。

この場合も、話し手の意識次第なのですが、that 以下でちょっと

長いから一息入れようかという感じです。

リスニングテクニック風に言えば、動詞の後で切れたら、

次に that 以下が来るぞと思えばいいわけです。

that が省略されても区切れる

She didn’t know / (that) he was surprised.

この文章の that は省略できます。その場合も、話し手は that

以下を意識していますので、本来that がある手前で区切ります。

 

まとめ

この文節が理解できれば、次のようなことも自動的にわかってこと

があります。

例えば、先ほどの文章の「a lot of ~」は、「たくさんの~」という

イディオムだと学校で習います。

I eat / a lot of / vegetables.

みたいな読み方をする人もいまが実際には主部と述部の間で

区切るのが原則ですから、「eat a lot of vegetables」はむしろ、

「eatalotofvegetables」というくらいにつなげて読んでしまうのです。

これさえ分かっていれば、ネイティブにも自然な英語として

聴こえるわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ英語教材トップ5!
ネイティブ・イングリッシュ
たった60日で英語が話せる!世界の七田式英語教材7+English
スタディサプリEnglish
ストアランキング1位!実績の英語学習アプリがこちら!
★英語教材の定番★【アルクのヒアリングマラソン】
スーパーエルマー
ネイティブの思考が身につく究極の教材が10日間無料試聴できます!
最近の投稿