正しい英語の習得方法を提供しています!

ケビン・マッカーシー議員のWiki的経歴とトランプ前大統領との関係の時事英語を解説

Axiosの記事で、共和党下院の重要ポストについている

ケビン・マッカーシー議員とトランプ前大統領との不仲が

取り沙汰されています。

そこで、今回はこの英語記事をとりあげて解説して

みたいと思います。

ケビン・マッカーシーのWiki的経歴は

マッカーシー議員は、1965年1月26日にカリフォルニア州

ベーカーズフィールドに誕生する。

父親は消防署の副署長で母親は専業主婦であり、2人とも

民主党員でした。1986年ごろに小企業を起業するがほどなく売却し、

地元のカリフォルニア州立大学ベーカーズフィールド校で

1989年にマーケティングの学士、1994年にMBAを取得します。

1995年、カリフォルニア州共和党青年部の議長に就任。

2021年アメリカ合衆国議会議事堂襲撃事件に際してトランプ大統領

に扇動された暴徒達に襲撃を止めさせるようトランプに電話で求めたが、

トランプは「ケビン、君よりもこの人たちの方が選挙結果に

懸念を持っているようだ」などと述べ、求めを拒否した

ところで、ケビン・マッカーシーとトランプ前大統領との

不仲説が取り沙汰されるようになっています。

Axios英語記事:トランプ氏とマッカーシー議員

Donald Trump told the Wall Street Journal Friday

that his relationship with House Minority Leader Kevin McCarthy (R-Calif.)

hasn’t been damaged by newly released audio of McCarthy

saying he planned to urge the former president to resign over the Jan. 6 insurrection.

McCarthy, one of Trump’s staunchest allies, is on the verge of becoming House speaker

with the GOP likely to win the House majority in November’s midterms.

That, however, is largely contingent on his ability to stay on Trump’s good side.

McCarthy initially criticized Trump publicly for his actions

on Jan. 6 but changed his tune shortly after in an effort to return to Trump’s good graces.

What he’s saying: “He made a call. I heard the call. I didn’t like the call,”

Trump told the Journal at his Mar-a-Lago resort in Florida.

“But almost immediately as you know, because he came here

and we took a picture right there — you know, the support was very strong,” he added,

referring to a photo McCarthy took with Trump weeks

after the insurrection in late January 2021.

“I think it’s all a big compliment, frankly,” Trump said about McCarthy

and other Republicans who initially criticized him after the insurrection

but later returned to his side. “They realized they were wrong

and supported me.”

He added that he has had a “very good relationship” with McCarthy.

“I like him. And other than that brief period of time,

I suspect he likes me quite a bit.”

In the audio recording, McCarthy is heard speaking to other members

of his leadership team, including Rep. Liz Cheney (R-Wyo.)

and House Republican Whip Steve Scalise (R-La.).

When Cheney asks if McCarthy thinks Trump might resign, he says,

“[T]he only discussion I would have with him is

that I think this [impeachment resolution] will pass,

and it would be my recommendation you should resign.

I mean, that would be my take. But I don’t think he would take it.”

After the New York Times reported on the call on Thursday,

McCarthy denied that he’d said anything about urging Trump

to resign and called the Times’ story “totally false and wrong.”

The two spoke over the phone on Friday.

Trump did not seem upset about the contents of the tape

and sounded thankful that McCarthy did not actually urge him

to step down, Axios’ Oriana Gonzalez and Jonathan Swan report.

https://www.axios.com/trump-mccarthy-jan-6-resign-f97a5eee-a008-43de-aadc-4f53c6f26d17.html

解説

insurrection  暴動

staunchest

contingent on ~にかかっている

compliment 賛辞

 

ドナルド・トランプ氏は、金曜日にウォール・ストリート・ジャーナル紙に対し

ケビン・マッカーシー下院議員(カリフォルニア州選出)との関係は破綻していないと述べた。

マッカーシー氏が1月6日の暴動で前大統領に辞任を促すつもりだと発言した音声が

新たに公開されたが、マッカーシー氏との関係は損なわれていない。

1月6日の暴動について、前大統領に辞任を促す予定であると述べた。

トランプ氏の最も忠実な盟友の1人であるマッカーシー氏は、

下院議長就任を目前に控えており

11月の中間選挙で共和党が下院の過半数を獲得する可能性が高いためだ。

しかし、それは彼がトランプのいいなりになることができるかどうかに

大きくかかっている。

マッカーシーは当初、トランプを公然と批判していた。

1月6日に公の場でトランプ氏を批判したが、その後すぐに態度を変え、

トランプ氏の機嫌を取り戻そうとした。

彼の言い分は “彼は電話をかけた。私はその電話を聞いた。

私はその電話が好きではなかった。”

トランプはフロリダのマー・ア・ラゴ・リゾートでジャーナル誌に語った。

「しかし、ほとんどすぐに、ご存知のように、彼はここに来て、

私たちはその場で写真を撮りました。

しかし、彼がここに来て、その場で写真を撮ったので、ご存知のように、

支持は非常に強かったのです。

マッカーシーがトランプと撮った写真に言及しています。

2021年1月下旬の反乱の後、マッカーシーがトランプと撮った写真のことを指しています。

「率直に言って、すべて大きな賛辞だと思う」と、トランプ氏は

マッカーシー氏について語った。

暴動後、当初は自分を批判していた共和党員たちが、後に自分の側に

戻ってきたことについてトランプ氏は、当初は批判していたマッカーシー氏ら

共和党員が、後に彼の側に戻ってきたことについて 「彼らは自分たちが間違っていたことに気づき

そして私を支持してくれた”

さらに、マッカーシー氏とは「とても良い関係」であると付け加えた。

「私は彼が好きだ。そして、その短い期間以外では

彼は私のことをかなり好きだと思う。

チェイニーが、マッカーシーはトランプが辞任するかもしれないと考えているのかと尋ねると、彼はこう答えた。

“私が彼とする唯一の話し合いはこの(弾劾決議案が)可決されると思うということだ。

そして、あなたが辞任することを勧めるということです。

つまり、それが私の考えだ。でも、彼はそれを受け入れないと思う」。

木曜日にニューヨーク・タイムズ紙がこの電話を報じた後

マッカーシー氏は、トランプ氏に辞任を促すようなことは言っていないと否定し

辞任を促すようなことは言っていないと否定し、タイムズの記事を “全くの虚偽であり、

間違っている “と呼んだ。

2人は金曜日に電話で話した。

トランプ氏はテープの内容に動揺している様子はなく

マッカーシー氏が実際に辞任を促さなかったことに感謝しているようだった。

まとめ

トランプ氏の側近であった、共和党下院の重鎮である

ケビン・マッカーシー議員の動向が今後のアメリカの

中間選挙にむけて注目されると思います。

2021年1月6日の暴挙について、いまだトランプ氏

への不信は説けていないようであり、共和党下院を

司るマッカーシー氏の今後の動向が注目されるところです。

このように、興味のある英語記事について、英語勉強の

教材として扱うことは、学習効果が高まります。

参考になる勉強方法だと思います。

impeachment inquiry の意味とトランプ大統領(POTUS)との関係は?

プロフィール


Yoshi

英語が苦手だった50代のおじさんが一念発起して英語学習を再開しました。もちろん留学経験とか全くないおじさんが今ではふつうにリスニングや会話ができるようになりました。ちなみにTOEICもこの年で900点を突破しました。このブログではもともと英語が苦手だったおじさんが英語が好きになった過程と教材そして情報を提供しています。

おすすめ英語教材トップ5!
(TOEIC対策アプリ)スタディサプリEnglish
RIZAP ENGLISH
★英語教材の定番★【アルクのヒアリングマラソン】
TOEIC完全攻略900点コース
たった60日で英語が話せる!世界の七田式英語教材7+English
スタディサプリEnglish
ストアランキング1位!実績の英語学習アプリがこちら!
テレビで大注目の英語伝教材「I talk to TV」
最近の投稿
英語教材情報