正しい英語の習得方法を提供しています!

アップルウォッチ7の英語CM(緯度、経度)の解説からリスニング力を鍛える方法とは

最近、頻繁に流れてくるApple Watch7のCMですが

英語を学習している人たちにとっては、この英語CM

、とくにアップルウォッチから流れてくる英語の通知

が聞き取れるかどうか、とても気になるところです。

そこで、このCMながれている英語の解説とリスニングの

ポイントを紹介してみたいと思います。

アップルウォッチ7 CMの第一段落

The owner of this apple watch has taken a hard fall

and is not responding to their watch.

解説

The owner of this apple watch/ has taken a hard fall/

and is not responding to their watch.

重要単語、熟語

take a fall   転落する

respond to  返答する

前半のThe owner of this apple watch has taken a hard fallの部分には、

has takenという現在完了形が使われて、「転倒したままだ」

というニュアンスを表しています。taken a hard fallは、take(n) a fall

の応用です。

後半の(the owner) is not responding to their watchには

進行形が使われています。進行形は躍動感を表すときに使いますが、

ここは「応答してきている」という躍動感を否定している

ニュアンスになっています。

第2段落の解説

The emergency location is latitude 47.7 longitude -117.5

with an estimated search radius of forty one meters.

解説

latitude   緯度

longitude 経度

radius  半径

このパートでは、やはり単語力がキーとなります。

とくにこの3つの単語は、知らないと聞き取れない

ワードです。

翻訳:

緊急時の位置情報 緯度47.7 経度-117.5 検索半径の推定距離41メートル。

2文目のThe emergency location is latitude 47.7 longitude -117.5

with an estimated search radius of forty one meters.は、単語力

がすべての文です。

文法的には、「with an estimated search radius of forty one meters」

の部分が「検索半径の推定距離41メートル」を意味しています。

第3段落の解説

This message will repeat in five seconds.

翻訳

このメッセージは5秒後に繰り返されます。

文法的解説:

このパートでは「in」の使い方です。

5分後にリピートされるという意味です。

まとめ~リスニング力鍛える方法

今回は英語を勉強している人であるならば

どうしても気になるアップルウォッチ7のCMに

ついて紹介しました。

このCMで流れている英語は、ネイティブそのもの

でさらっと聞き取れるようになりたいと思う内容です。

最初は聞き取れなくても、このように聞き取れなかった

ところを後から分析して、何度もリピートすることによって

リスニング力が高まります。

大事なことは、聞き取れなかったところを放置しないで、

復習することが、とても大事です。

それを基にして、次は音読して、ネイティブの英語を

自分でも発音して自分のものしていくことが、リスニング力

を高めると同時に英語力を高める近道になります。

スタディサプリイングリッシュTOEICの評判と900点突破した勉強方法とは!

 

プロフィール


Yoshi

英語が苦手だった50代のおじさんが一念発起して英語学習を再開しました。もちろん留学経験とか全くないおじさんが今ではふつうにリスニングや会話ができるようになりました。ちなみにTOEICもこの年で900点を突破しました。このブログではもともと英語が苦手だったおじさんが英語が好きになった過程と教材そして情報を提供しています。

おすすめ英語教材トップ5!
(TOEIC対策アプリ)スタディサプリEnglish
RIZAP ENGLISH
★英語教材の定番★【アルクのヒアリングマラソン】
TOEIC完全攻略900点コース
たった60日で英語が話せる!世界の七田式英語教材7+English
スタディサプリEnglish
ストアランキング1位!実績の英語学習アプリがこちら!
テレビで大注目の英語伝教材「I talk to TV」
最近の投稿
英語教材情報