正しい英語の習得方法を提供しています!

ランセット(医学雑誌)がピーター・ダズダックの利益相反を認めるの英語記事を解説

気になる英語ニュース・記事を読解することは、自分の知識や興味

を高めるだけでなく、英語力を高めることになります。

今回は、「ゼロヘッジ」のコロナの起源についての、ランセットの

記事を担当した、ピーター・ダズダック氏について、利益相反である

とのことを認めたとの記事を扱いました。

ピーター・ダズダック利益相反認める

The editor of The Lancet – /one of the world’s most prestigious medical journals -/

has admitted /that he knew about a controversial researcher’s conflicts of interest

/when he published a letter denouncing the Covid lab leak theory,/

and called anyone who questioned it a conspiracy theorist.

世界で最も権威のある医学雑誌の一つである『ランセット』誌の編集長が、

物議を醸したある研究者の利益相反を知りながら、コロナ研究所からの漏えい説

を非難する手紙を掲載し、それに疑問を呈する者を陰謀論者呼ばわりしたことを

認めている。

It took us over a year /to persuade him /to declare his full competing interest,/

which we eventually did in June of this year,” admitted Lancet editor,/

Dr. Richard Horton /during testimony/ in front of UK Parliament’s Science

and Technology Select Committee,/

referring to NIH-funded Peter Daszak of Ecohealth Alliance.

Lancet誌の編集者であるRichard Horton博士は、英国議会の科学技術特別委員会で、

NIHから資金提供を受けているEcohealth AllianceのPeter Daszakについて証言し、

「彼に利害関係をすべて申告するように説得するのに1年以上かかったが、

結局今年の6月に申告した」と認めている。

It took The Lancet 16 months /to publish and official conflict of interest statement

/acknowledging Daszak’s ties to the Wuhan Institute of Technology.

“100%, I completely agree, /the information that we published in June

as an addendum /should definitely have been included in the February letter,”

he told the MPs. “In this particular case, regrettably, the authors claim

/that they have no competing interests, /and of course

there were indeed competing interests that were significant,

particularly in relation to Peter Daszak.”

Lancet誌は、Daszak氏と武漢理工大学との関係を認める公式の利益相反に

関する声明を発表するまでに16ヶ月を要した。

「100%、完全に同意します。6月に補遺として発表した情報は、間違いなく2月の手紙に

含まれているべきでした」と、彼は国会議員に語った。”この特別なケースでは、遺憾ながら、

著者は競合する利害関係がないと主張しています。もちろん特にピーター・ダスザックに

関連して、重要な競合する利害関係が実際にありました。”

Conservative MP Aaron Bell told Horton/ that he’d done “too little, too late,”

and asked /whether the original Lancet letter had “served to close down scientific debate,”

/according to the Daily Mail.

Daily Mailによれば、保守党のAaron Bell議員はHortonに対して、

「あまりにも小さく、あまりにも遅い」ことをしたと述べ、Lancetの

オリジナルの手紙が「科学的議論を閉鎖するのに役立ったか」

と質問したという。

Daszak, who had been genetically manipulating bat coronaviruses

in a Wuhan lab/ to make them more transmissible to humans,

/organized the ‘natural origins’ letter in February 2020

which was signed by 26 other leading researchers

who condemned ‘conspiracy theories’ regarding the origins of Covid-19.

武漢の研究所でコウモリのコロナウイルスを遺伝子操作して、

ヒトに感染しやすくしていたダスザックは、2020年2月に

「自然起源」の手紙を組織し、コロナの起源に関する「陰謀論」を

非難する他の26人の主要研究者が署名している。

Daszak, meanwhile, /has been accused of a ‘bullying’ campaign

behind the scenes to ensure

/that blame for Covid was directed away/ from his partners at the Chinese lab.

“The Lancet letter was scientific propaganda/ and a form of thuggery

and intimidation,” said Jamie Metzl,

who sits on the World Health Organization’s advisory committee

on human genome editing /and is a former Bill Clinton administration staffer.

During the session, /Harvard scientist Dr. Alina Chan said

the Wuhan lab leak is now the most likely origin of the Covid-19 pandemic

because China tried to cover it up,

/and because experts still haven’t found a natural reservoir

/despite extensive searching. She also highlighted several coincidences

/in the Covid timeline,/ adding that China’s state-sponsored information suppression campaign

/in the early stages of the pandemic added to suspicion.

“I think the lab origin is more likely than not,” said Chan, adding:

“Right now it’s not safe/ for people who know about the origin of the pandemic

/to come forward.”

“But we live in an era where there is so much information

being stored that it will eventually come out.

We have heard from many top virologists /that a genetically engineered origin

is reasonable /and that includes virologists /

who made modifications to the first Sars virus.”

Yet, despite all evidence that Daszak has not been acting

in good faith, /the National Pulse notes that he’s been appointed by New York state

/to aid in its pandemic response.

一方、Daszak氏は、Covidの責任が中国の研究所のパートナーから遠ざかるように、

舞台裏で「いじめ」キャンペーンを行ったと非難されている。

「ランセット誌の書簡は科学的プロパガンダであり、凶行と脅迫の一種だ」

と、世界保健機関のヒトゲノム編集に関する諮問委員会の委員で、

元ビル・クリントン政権のスタッフであるジェイミー・メッツル氏は言う。

セッションの中で、ハーバード大学の科学者アリーナ・チャン博士は、中国が隠蔽しようと

したため、武漢の研究所の流出がCovid-19パンデミックの起源である可能性が

最も高いとし、専門家が広範囲に検索しても自然の貯蔵庫がまだ見つかっていない、

と述べました。彼女はまた、コビッドのタイムラインにおけるいくつかの偶然の

一致を強調し、パンデミックの初期段階における中国の国家主導の情報抑圧キャンペーン

が疑惑を深めることになったと付け加えました。

「私は、実験室由来の可能性が高いと思います」とChan氏は言い、

次のように付け加えました。”今はパンデミックの起源について知っている人が

名乗り出るのは危険だ “と。

“しかし、我々は多くの情報が蓄積されている時代に生きているので、いずれは

出てくるでしょう。多くの一流のウイルス学者から、遺伝子操作による

起源が妥当であると聞いていますし、その中には最初のSarsウイルスに改良を加えたウ

イルス学者も含まれています。”

しかし、ダスザックが誠実に行動していないという全ての証拠にもかかわらず、

ナショナルパルスは、彼がニューヨーク州からそのパンデミック対応を援助するために

任命されたことを指摘している。

スラッシュリーディングで解説すると

スラッシュは以下のところで区切ります。

  • カンマ、コロン、セミコロンの後
  • 前置詞(in、on、withなど)の直前
  • 接続詞(that節、whether節、if、andなど)の直前
  • to 不定詞の前
  • 疑問詞の前
  • 目的語や補語の直前
  • 関係詞の直前
  • 長い主語の直後

のルールとなります。

このルールをもとに、この英語記事を区切ります。

このやり方で英語の長文読解を実践して

みると、英語を前から理解する習慣が身に付きます。

英語という言語は、日本語とはまったく違い、前から

理解しないと、スピードにもついていけません。

一方、日本語は後ろに結論がある言語なので、

とにかく、英語を英語で理解していく練習を積み重ねる

ことが大事だと思います。

まとめ

今回は、日本ではあまりとりあげられていませんが

コロナ起源と医学雑誌である「ランセット」の記事の

利益相反の記事をとりあげました。

英語勉強は、興味のある記事やネタを材料に勉強すると

もっと身についていくと思いますので、ぜひ参考して

みてください。

スタディサプリイングリッシュTOEICの評判と900点突破した勉強方法とは!

 

プロフィール


Yoshi

英語が苦手だった50代のおじさんが一念発起して英語学習を再開しました。もちろん留学経験とか全くないおじさんが今ではふつうにリスニングや会話ができるようになりました。ちなみにTOEICもこの年で900点を突破しました。このブログではもともと英語が苦手だったおじさんが英語が好きになった過程と教材そして情報を提供しています。

おすすめ英語教材トップ5!
プライム・イングリッシュ
ネイティブ・イングリッシュ
★英語教材の定番★【アルクのヒアリングマラソン】
TOEIC完全攻略900点コース
たった60日で英語が話せる!世界の七田式英語教材7+English
(TOEIC対策アプリ)スタディサプリEnglish
スタディサプリEnglish
ストアランキング1位!実績の英語学習アプリがこちら!
最近の投稿
英語教材情報