正しい英語の習得方法を提供しています!

デービッド・パーデュー氏(David Perdue)のWiki的経歴とAxios英文記事の解説

共和党のデービッド・パーデュー氏はトランプ側近の

政治家ですが、ジョージア州知事選挙にむけて

ある発言が物議をかもしえているようです。

そこで今回はこのデービッド・パーデュ候補の

Wiki的経歴と発言などのAxiosの記事の英語解説

をしてみたいと思います。

デービッド・パーデュー氏のWiki的経歴

パーデュ氏の父は民主党員で、1961年から1980年まで

ジョージア州ヒューストン郡の教育長を務め、同郡の

学校制度の廃止を監督した人物です。。

パーデュ氏はジョージア州のワーナーロビンズで育ち、1968年に

ノースサイド高校を卒業しました。成績は優秀で、代表選手として活躍し、

学級委員長も務めました。

その後、ジョージア工科大学に編入し、1972年に産業工学の

学士号を、1975年にオペレーションズ・リサーチの修士号を

取得しています。

デービッド・パーデュー氏のAxios記事は

Georgia gubernatorial candidate David Perdue/ wouldn’t have signed

the certification of the state’s 2020 election results/ if he had been governor/

at the time, the former Senate Republican told Axios.

“Not with the information that was available/ at the time

and not with the information/ that has come out now.

They had plenty of time/ to investigate this.

And I wouldn’t have signed it/ until those things had been investigated

and that’s all we were asking for,” he said.

翻訳解説

ジョージア州知事候補のデビッド・パーデューは、もし当時知事で

あったならば、州の2020年の選挙結果の認証に署名しなかっただろうと、

元上院議員の共和党員がAxiosに語った。

(ここは文法的には仮定法過去の構文)

“当時の情報でもなく、今出てきた情報でもない。彼らにはこれを

調査する時間が十分にありました。そして、それらが調査されるまで

私は署名しなかったでしょうし、私たちが求めていたのはそれだけです」

と述べています。

There has been no evidence widespread fraud /took place in Georgia’s elections last year

and the November results were counted three times, once by hand.

The former Georgia senator — who is now running

with former President Trump’s endorsement to unseat Gov. Kemp in a GOP primary

— spoke to Axios by phone Wednesday afternoon /in one of his first interviews

since declaring his bid.

When Gov. Brian Kemp signed the state’s election certification,

he pointed out that state law required him to do so.

In an interview with Axios, Perdue said he would also have called /

for a special session of the legislature/ if he had been governor one year ago.

翻訳解説

昨年のジョージアの選挙では、広範な不正が行われた証拠はなく

、11月の結果は3回、1回は手作業で数えられました。

ジョージア州の元上院議員-現在、トランプ元大統領の支持を得て、共和党の

予備選挙でケンプ州知事を落選させるために出馬している-パーデュー氏は、

水曜日の午後、出馬宣言後初めてのインタビューの一つとして、Axiosに電話で語った。

ブライアン・ケンプ州知事は、州の選挙認証に署名した際、州法で

義務付けられていることを指摘しました。

パーデュー氏は、Axios社とのインタビューで、もし自分が1年前に

知事になっていたら、臨時議会の開催も要求していただろうと述べました。

(ここでも仮定法過去の用法が使われている)

Perdue said the idea of the session, /which he said/ he asked Gov. Kemp /

to call at the time, was not to change the November outcome,/

but to “protect and fix what was wrong for the January election.”

At the time,/ Georgia’s Republican Secretary of State Brad Raffensperger said/

that a special session would have amounted to “nullifying the will of the people.”

Georgia’s law does not offer the Governor nor the Secretary of State the ability/

to not certify an election. Any challenge to an election’s integrity /must happen /

through the courts. All legal challenges to the 2020 election in Georgia/ have failed.

Perdue conceded his Senate race loss to Jon Ossoff last January.

“I’ve never asked for a reversal,” he pointed out.

“What I’ve asked for/ is to get this cleaned up,/ to make sure /

that our elections going forward are fair and can rebuild the confidence of people.”

翻訳解説

パーデュー氏は、当時ケンプ州知事に招集を依頼したという会期のアイデアは、

11月の結果を変えるためではなく、”1月の選挙に向けて間違ったことを守り、

修正するため “だと述べました。

当時、ジョージア州の共和党国務長官であるブラッド・ラフェンスパーガー氏は、

臨時会の開催は “民意を無効にする “ことに等しいと述べていました。

ジョージア州の法律では、知事や国務長官に選挙を認証しない権限はありません。

選挙の完全性に対する異議申し立ては、裁判所を通して行わなければなりません。

ジョージア州における2020年の選挙への法的挑戦はすべて失敗に終わっています。

結論から言うと パーデュー氏は、昨年1月に上院選で敗れたことを認めました。

彼は「私は逆転を求めたことはない」と指摘しました。

「私が求めたのは、この問題を解決して、今後の選挙が公正なものになり、

人々の信頼を回復できるようにすることです」。

nullify:無効にする

conceded:認める

まとめ

今回はデービッド・パーデュージョージア州知事候補

について、そしてAxiosでとりあげられた記事から

英語の解説をしてみました。

興味のあるニュース記事から英語を勉強することは

とても効率的な英語の勉強方法となると思います。

ここまで読んでくださりありがとうございます。

【英語記事Axios】ビル、メリンダゲイツ夫妻が離婚をチャンクリーディングで解説

プロフィール


Yoshi

英語が苦手だった50代のおじさんが一念発起して英語学習を再開しました。もちろん留学経験とか全くないおじさんが今ではふつうにリスニングや会話ができるようになりました。ちなみにTOEICもこの年で900点を突破しました。このブログではもともと英語が苦手だったおじさんが英語が好きになった過程と教材そして情報を提供しています。

おすすめ英語教材トップ5!
プライム・イングリッシュ
ネイティブ・イングリッシュ
★英語教材の定番★【アルクのヒアリングマラソン】
TOEIC完全攻略900点コース
たった60日で英語が話せる!世界の七田式英語教材7+English
(TOEIC対策アプリ)スタディサプリEnglish
スタディサプリEnglish
ストアランキング1位!実績の英語学習アプリがこちら!
最近の投稿
英語教材情報