正しい英語の習得方法を提供しています!

自動詞と他動詞の見分け方と補語をとる動詞のポイントは!

英文法で最初の壁となるのが、自動詞と他動詞の

違い、あるいは見分け方だとおもいます。日本語

だと、この違いについて意識することなく文の

作成をしますが、英語においては、文の構成上

において重要なポイントとなります。

そこで、今回は自動詞と他動詞の見分け方

について、そしてTOEICの攻略のカギについて

紹介したいと思います。

自動詞と他動詞の違いは

動詞は「何を」に当たる名詞あるいは代名詞を述べなければ

意味が完結しない動詞と、目的語がなくても自己完結

する動詞の2種類あります。前者が他動詞で、後者が

自動詞です。

【例文】

As of April 1st, postal rates will rise by 5 %. On April

2nd, subway fares will be raised by 10 %. Starting

April #rd, my allowance will be reduced by half.

この例文でriseが自動詞でraise が他動詞です。

ちなみに自動詞は受動態にすることができません。

【例文】

I’m hoping for a pay raise. I recently got a master’s

degree in business administration. It’s a qualification

that entitles you to a higher salary.

この例文ではgetが他動詞で、hope が自動詞です。

ですから、自動詞が目的語をとる場合は前置詞for

を置いて、前置詞が名詞をとるかたちにします。

自動詞とは

自分だけで意味が成り立つ動詞で目的語は必要ありません。

We stand.

(私たちは立ちます)のように目的語を必要としません。

go(行く)、come(来る)、run(走る)なども自動詞です。

「~に」「~を」といった意味を付け加えるには、普通「前置詞+名詞」を使います。

They go to Tokyo.  =go+前置詞+名詞

他動詞とは

「“他”のもの(目的語)を必要とする動詞」。必ず目的語がつきます。

I sent a book

have、give、likeなども他動詞です。

「目的語」は名詞なのですが、

不定詞や動名詞の形になっていることもあります。

例:

I like watching movies. =like+目的語watching

I like to watch movies. =like+目的語to watch

「自動詞」「他動詞」両方の意味がある動詞

実は、動詞は「自動詞」と「他動詞」の2つにきれいに分かれるわけではなく、

自動詞と他動詞両方の意味を持つ動詞が多数あります。

他動詞だと意味が違う動詞

全部他動詞です。

1) He runs a cafe.

2) I can’t stand it anymore.

3) He drives me crazy.

4) I stopped drinking.

1) 彼はカフェを経営している。

2) もう我慢できない。

3) 彼のせいでおかしくなりそう。

4) お酒は止めました。

stop to~とstop -ingの違い

自動詞 I stopped to drink.

他動詞 I stopped drinking

自動詞は「stop(立ち止まる)+to不定詞(~のために)」で、

「飲むために(店などに)足を止めた」、

他動詞は「stop(~を止める)で、「目的語drinking(お酒を飲むこと)を止めた」

となります。

自動詞を他動詞に変える方法

The visitors were due to arrive at the airport in less

than two hours.

arrive は自動詞なので、空港に到着する場合には~に当たる

前置詞at やin を名詞の前に置く必要があります。

他動詞₊副詞による慣用表現。

think…over

think…up

look…up

look…over

look…in the eye

on , off, out, up, down, over, away, forward, back

などの副詞は他動詞と共に用いられて動詞句を作ります。

自動詞と他動詞の見分け方は

すべての動詞について自動詞か他動詞かを丸暗記しようとすると

対応できなくなります。

なぜこうした丸暗記が愚かなことなのかというと、自動詞としても他動詞

としても使われる動詞が英語にはたくさんあるからです。

I got to the school early today.

この got は自動詞

I got what you mean.

(あなたの言おうとしていることはわかった。)

この got は他動詞

He was running with a friend.

この was running は自動詞

I believe she will run the company very well.

(彼女ならきっとその会社をうまく経営すると思うよ。)

この run は他動詞

Don’t submit to any authority.

この submit は自動詞

Submit your answers before the deadline.

この submit は他動詞

以上の例のように、同じ動詞でも他動詞と自動詞

両方可能な動詞があるのです。

ということで、結構複雑にみえる自動詞と他動詞を見分け方

ですが、重要なのは、英語では他動詞の方が圧倒的に

よく使われるという前提を持つことです。

そして、自動詞の見分け方は、動詞が前置詞を

伴うことを認識することです。

補語をとる動詞

become

get (名詞を補語にとることができない)

grow (名詞を補語にとることができない)

turn

fall

go

come(名詞を補語にとることができない)

stay

remain

keep (名詞を補語にとることができない)

They stayed friends after their divorce.

remained

X kept

seem

appear

look

taste

sound

smell

feel

SVO SVC SVOO SVOCの英語文法を見分け方を習得してTOEICPart5対策を完璧にする

まとめ

上記で述べたポイントはTOEICの文法問題

の選択のキーとなるひとつです。

TOEICテストは時間との闘いでも

あるので、ポイントをまず抑えて

反応的に問題をこなす練習が必要です。

この基本文型を習得できたら、次にアプリ

を使うと、TOEIC対策と普段使う英会話の両方で役立つと

自分が体験して実感しました。

こちら↓のスタディサプリEnglishのアプリは無料お試し

期間があるので、一度試してみる価値ありのアプリだと

思います。


プロフィール


Yoshi

英語が苦手だった50代のおじさんが一念発起して英語学習を再開しました。もちろん留学経験とか全くないおじさんが今ではふつうにリスニングや会話ができるようになりました。ちなみにTOEICもこの年で900点を突破しました。このブログではもともと英語が苦手だったおじさんが英語が好きになった過程と教材そして情報を提供しています。

おすすめ英語教材トップ5!
(TOEIC対策アプリ)スタディサプリEnglish
RIZAP ENGLISH
★英語教材の定番★【アルクのヒアリングマラソン】
TOEIC完全攻略900点コース
たった60日で英語が話せる!世界の七田式英語教材7+English
スタディサプリEnglish
ストアランキング1位!実績の英語学習アプリがこちら!
テレビで大注目の英語伝教材「I talk to TV」
最近の投稿
英語教材情報