正しい英語の習得方法を提供しています!

クリス智子さんの息子さんへの英語の教育方針が参考になる!

いわゆる、元祖バイリンガル・ラジオパーソナリティと

確率されているクリス智子さんですが、子供さんに対する

英語の教育方針も興味がわくところです。

クリス智子さんの経歴は

クリス智子さんは、ハワイに生まれ、幼少期に京都、フィラデルフィア、

横浜など日本とアメリカの各地の文化を色濃く感じる環境で育っています。

上智大学比較文化学部を卒業と同時に、東京のFMラジオ局J-WAVEにて

ナビゲーターデビューされます。

J-WAVEでの出演番組に『GOOD NEIGHBORS』(月〜木13:00〜16:30)、

『CREADIO』(金26:00〜26:30)がある。ラジオのパーソナリティのほか、

テレビのMCやナレーション、トークゲスト、朗読や音楽、執筆など幅広く

活躍されています。

クリス智子さんの英語の教育方針は

英語を“音”として子供の耳に入れることを意識して

子供の教育に関して、私は語学力優先とは考えていないようです。

知識があるに越したことはないですが、それ以上に

「自分の言葉」を使ってたくさんの人とコミュニケーションが

とれる大人に育ってほしいとの教育方針のもと英語教育を

されているようです。

英語をまず“音”として子供の耳に入れることを意識されて

いるようです。

日常的に英語を聞いたり話したりする環境づくりは将来につながると

考え標準的な英語を軸に“違う音”もひろえる耳を幼少期から育てる

方針で、息子さんの英語教育をされています。

息子さんは、幼稚園のときにインターナショナルスクールに入り、

アメリカやイギリス、フィリピンなどさまざまな国籍の

先生がいる環境で幼少期を過ごされています。

同じ英語でも先生によって発音や単語の使い方は個性豊かでさまざまで

国が違えば表現方法も違い、正解はひとつではなく、標準的な英語を

軸として学びながら“違う音”もひろえる耳を育てることに

注力を注いできたようです。

子供自身が「話したい」、「聞きたい」と感じるきっかけを

たくさん与えることを考え、日々の「親子の対話」がとても大切

にされているようです。

子供が自分の言葉で考えを伝えるという体験を積み重ねることは、

英語のコミュニケーション能力を高めるうえでの素地になると思い

会話も読書も「英語と日本語」の両方に触れながら興味を広げる

方法をとっていらっしゃいます。

家庭内では英語と日本語を使って息子と会話し

本にしても子供は英語と日本語の両方を読んでいるそうです。特に絵本は、

日本とアメリカのものでは話の展開や会話、道徳的なことなどすべてが

違っていて、息子さんはそれを楽しんでいるようです。

この方法は両方の言語を比較できる機会にもなり、そこから言葉のおもしろさに

気づくことも。辞書で単語の意味を調べるのとは違って、

文章のとらえ方が柔軟になるとの考え方です。

クリス智子さんの英語習得方法は

クリスさんのお父さんはアメリカ人で教職に就いていました。

子供が自分で考え、自分の言葉で伝えようとするプロセスを大切にする

言語を学ぶ楽しさは、コミュニケーションの楽しさを実感することにあると

考えて、英語と日本語に向き合ってきました。

「知識」より「話したい」という気持ちで未知の世界に飛び込む

ハワイで生まれ、京都、宮崎、ペンシルベニアなどさまざまな地域で学生時代を

過ごし、アメリカでは現地校に、日本では地元の公立校に通っていたそうです。

毎回、周りの言葉に必死について行くところからのスタートし

高校の頃には、英語を今一度、勉強したそうです。

クリスの考え方は、実際、語学力と実生活で使える言語能力は、

また別なものだとの考えをもっているようです。

たとえば私が英語圏以外の国に行ったとき、現地の言葉で込み入った話は

できません。でも知りたいことや話したいという気持ちがあれば、人間同士の間で

自然と「会話」が成り立っていくという考え方です。言語力には「知識の量」と

「会話の力」の2種類があると思っていて、「知識がないから」と躊躇するのではなく

「話したい」という気持ちで進むことが大事であるというのが、クリスさん

の外国語習得法の考え方のようです。

まとめ

クリス智子さんのお子さんへの英語習得方法は、まず英語の音から

入り、そして、興味のあるものを提供していくという考え方の

ようです。現在は自然のなかで子育てをし、英語については

なるべく、日本語と英語両方の本に接しることによって

言語に関する柔軟性を身に着けることが、クリスさんの

英語習得法のようです。

「標的(ターゲット)リスニング」の1000時間ヒアリングマラソンでの有効活用方法は!

スタディサプリENGLISHの月額値段と無料期間の最も効果のある使い方は! 

 

プロフィール


Yoshi

英語が苦手だった50代のおじさんが一念発起して英語学習を再開しました。もちろん留学経験とか全くないおじさんが今ではふつうにリスニングや会話ができるようになりました。ちなみにTOEICもこの年で900点を突破しました。このブログではもともと英語が苦手だったおじさんが英語が好きになった過程と教材そして情報を提供しています。

おすすめ英語教材トップ5!
プライム・イングリッシュ
ネイティブ・イングリッシュ
★英語教材の定番★【アルクのヒアリングマラソン】
TOEIC完全攻略900点コース
たった60日で英語が話せる!世界の七田式英語教材7+English
(TOEIC対策アプリ)スタディサプリEnglish
スタディサプリEnglish
ストアランキング1位!実績の英語学習アプリがこちら!
最近の投稿
英語教材情報