正しい英語の習得方法を提供しています!

英語母音子音の発音記号の覚え方とフラッピング、シラブルをわかりやすく解説すると!

私達日本人が英語の勉強でネックとなるのが

英語の発音とそれに伴うリスニングです。

英語の発音は、日本語にはない音が多分に

含まれています。

またわたしたち日本人が聞き取れない英語独自の

ルールがあり、それを知らないと英語は

いつまでたっても英語は上達しません。

そこで今回は、英語の発音記号と発音のルール

をとりあげてわかりやすく解説してみたいと

思います。

英語の発音記号の覚え方は!

発音を良くしたいけど、記号の読み方を覚えるほうがいいのかな?

見たことのない記号ばかりで難しそうだけど、

発音記号をもっと手軽に、楽しく覚える方法を

習得すると各段に英語の上達が早まります。

確かに英語の発音は日本語にないものあり、

綺麗に発音するにはリスニングとスピーキングを何度も

繰り返し練習するしかありません。

そのときに、発音記号の学習を始めると発音と

リスニング力が一気に高まります。

これは、遠回りのように感じるかもしれませんが、発音記号を

学ぶと正確な英語の発音を認識できるので、リスニング力と

スピーキング力がついてきて理想の発音へのステップアップが加速します。

英語の母音子音の発音記号は

発音記号は「母音」と「子音」という2つの種類に分けられます。

母音は日本語でいう「アイウエオ」のことで、子音は「か」「と」「な」なども

日本語をローマ字にしたときに表せられる[ka]、[to]、[na]の

[k]、[t]、[n]という文字の音のことです。

記号の形は難解ですが、覚える際には母音と子音それぞれ

異なったポイントがあります。

母音の発音記号は

①アルファべットに似た形で、ローマ字読みと似た発音になるもの

②アルファベットに似ていない形のもの

③アルファベットと似ていても、ローマ字読みとは違う発音になるもの

①についてはすでに読めていますので、新たに覚えるのは②になります。

そして、この中で最も注意しなければならないのは③です。

つい、ローマ字読みをしてしまいがちだからです。

英語発音でおきるリエゾンとは

リエゾン(リンキング)の代表的なパターンには

1)子音で終わる単語の次に母音で始まる単語が

来た場合連結する

文章の中で単語の終わりが子音、次の単語の始まり

が母音(AEIOU)の時は、前の単語と次の単語の音が

つながります。子音で終った単語の次

に、母音で始まる語が来ると、最後の子音と次の語頭の

母音が連結された音になります。

パターン 例 日本的音 ネイティブの音
t+母音 lot of ロット オブ=>ラダ

d+母音 good afternoon グッド アフタヌーン =>グッ ダフタ ヌーン

k+母音 talk about トーク アバウト=>トーカバウ

l+母音 tell us テル アス=> テラス

n+母音 an orange アン オレンジ =>ア ノランジ

2) 子音(閉鎖音)と子音が連結する

前の単語の最後がp、t、k、b、d、g の子音で終わり、

次の単語の始めが子音で始まる時、前の子音が消失し後ろの

子音のみ発音されます。

comming home の場合 カミング ホームのグが

省略されて カミンホーム という音になります。

3)前の単語の末尾と次の単語の始まりが同じ子音の場合連結

前の単語の最後と次の単語の最初が同じ子音の場合は、

重なった部分がつまるように発音されます

リダクション

リダクションとは、あるはずの音が発音されていないで

消えている状態を言います。

リダクション(消える音)の主な例は以下になります。

消えるt

ネイティブの英語では単語の途中のtの音ははっきり

発音されません。また文章の途中の単語の最後にtがある

場合もあまり発音されません。文末の単語の最後がtの

場合は発音されます。

消えるd

文章の途中の単語の最後がdの場合あまり発音されません。

文章の最後の単語の最後がdの場合は発音されます。

good job は 「グッドジョブ」 と日本人はdを

発音します。ネイティブは 「グッ ジョブ」

dの音が消えます。

消えるg

例えば thinking のような最後が ing の単語の場合、

日本人は ング と グ の音を発音します。しかし

ネイティブは グの音を喉で止めるようなイメージで

発音するので、グの音はほとんど出していません。

そのため、

thinking シンキン

going ゴーイン

と言っているように聞こえます。

文章の中で ング の音が聞き取れないので、ingで終わる

単語だと理解できないのです。

文頭の母音

文章の始めに母音がある場合は最初の音が省略されます。

It’s a の場合、「イッツァ」 でなく 「(ィ)ッツァ」

と発音され、殆ど I の音が聞こえません。

フラッピング

フラッピングとはふらふら揺れるという意味がある言葉。

Bottle という単語は ボトルと発音していますね。しかし

ネイティブが発音する時、tの音がrの音に近くなり、

ボーロルのような音になります。

get up も  ゲットアップと tを発音しないで

ゲダップというような音になります。

このフラッピングのtの事をflapped t と言います。

特にアメリカの英語でよく見られる傾向としては、

母音と母音の間にt音がある場合、タ行の音がラ行の

音に変化する現象がよく見られます。そのため r だと

思って聞いてしまうと t だったのでさっぱり意味が

わからなかった、ということになります。

色々なパターンに触れて知っておく事が大事です。

母音の発音記号は

英語の発音記号の読み方一覧:母音

日本語の母音は5種類ですが、英語では24種類あります。

多すぎて覚えられないと不安に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、

上記、母音の覚え方に説明した②と③に当てはまる記号は、5種類。

発音記号はそれぞれの組み合わせで、単一で使うもの(単母音)、

2種類重ねて使うもの(二重母音)、3種類重ねて使うもの(三重母音)

があります。

また[ː]という、口を横に広げて長めに発音する記号(長音記号)も

組み合わさってより複雑さが増しています。

大切なのは、母音がいくつあろうが、1つの塊として読んでいくことが大切です。

ちなみに二重母音以上は区別は、アメリカ英語かイギリス英語なのかや

考え方の違いによってはっきりとしていません。

こちらでは、二重母音と三重母音をまとめて紹介します。

単母音

ӕ]は「エ」と「ア」の合体した音です。

口を広く開けて、「エア」のように同時に発音します。

hat(帽子),map(地図),fast(早い),sad(悲しい),Japan(日本),hand(手),

fan(扇風機),can(缶),lamb(子羊)

単母音の中でもアルファべットに似た形で、ローマ字読みと

似た発音になるものはこちらになります。

[ɑ]は日本語の「ア」に近い音です。

口を大きく開けて「ア」と発音します。

この音は主にアメリカ英語で使われており、カタカナ英語で

「オ」と読むものの中にこの音が現れます。

一方で、イギリス英語ではこの音を「オ」で発音しています。

まず知っておくべきなのは、日本語で「オ」と発音するものの中に、

英語では「ア」と発音されるものがあるということです。

これを知っているのと知らないのとでは、発音の出来に大きな差ができます。

box(箱),hot(熱い),pocket(ポケット)

英語の母音の発音3[ɪ]

この音は、英語では「Short I」と呼ばれています。

日本語では「イッ」と表記されることがよくありますが、ちょっと違います。

実際は日本語の「イッ」の音よりも短いです。

「イッ」と「エッ」の中間くらいの音です。

舌の力を抜いて、軽く、短く発音してみましょう。

【例】

is(〜である),big(大きい),ill(病気),will(〜であろう),kick(蹴る),king(王),

kid(子供),kit(キット),pin(ピン),pig(豚),pink(ピンク),pick(選ぶ),

miss(逃す),orange(オレンジ),music(音楽),visit(訪れる),minute(分),fish(魚)

[u]

アルファベットの「u」と形が似ています。

唇を突き出して「ウ」を発音します。

full / book / could

[u:]

先ほどの発音を長く発音します。

[ː]が後ろに来るときは前の音の発音で口を横に伸ばして発音します。

[e]

アルファベットの「e」と形が似ています。

日本語の「エ」とほぼ同じ発音です。

bed / egg / says

[ɑ]

アルファベットの「a」と形が似ています。

日本語の「ア」の音で鼻に抜けるよう に発音します。

box / hot / want

[ɑː]

先ほどの「ア」の発音で、口を横に伸ばして長く発音します。

father / aunt / calm

次に単母音の中でアルファベットに似ていない形のものはこちらになります。

[æ]

アルファベットの「a」と「e」が重なった形をしています。

文字通り「ア」と「エ」の間の音になります。
apple / hat / happy

[ʌ]発音記号独特のもの。

数多くある「ア」の発音の中でも、「ア」の音を太くまっすぐ発声します。

but / love / country

[ə]

アルファベットの「e」が反転したような形をしていますが、音は日本語の「エ」ではありますが、

下顎を下げて「ア」と「オ」の間のようなあいまいな発音をします。

日本語にない音ですので習得するのは時間がかかります。

about / correct / blanket

[əː]

先ほどの発音を長く発音します。

girl / earth / work

[ɔː]発音記号独特のもの。

日本語の「オ」の音ですが、舌を根元に引き寄せて発音します。

ball / author / bought

続いてアルファベットと似ていても、ローマ字読みとは違う発音に

なるものをご紹介します。

[i]

アルファベットの「i」と同じ形ですが、発音が違います。

日本語の「イ」と「エ」の間の音です。口の形はエで

「イ」を発音します。

kind / build

[iː]

先ほどの発音を長く発音します。

eat / tea / chief

日本語の「アイ」の発音ですが、「ア」は大きく「イ」を

後から添えるようにして発音します。

ice / buy / cry

二重母音・三重母音

二重母音は2つの母音が、三重母音は3つの母音がまとまりのある1つの音として

発音されることです。

この組み合わせには、母音の後ろに[r]が付いている発音記号が多くあります。

[r]は子音で発音を紹介しますが、1つの塊として捉えられるため、

通常の[r]とは少し発音の仕方が違います。

この場合、母音の最後の音が[r]の音へひきずられていきます。

例えば[ɑː]と[ɑːr]の発音をあえてカタカナで書くと、

「アー」と「アーゥル」というように、

少しづつ[r]の音へ近づけるために舌先を上に動かします。

このときに舌が上顎に付かないように注意します。

以下に二重母音と三重母音の発音を紹介します。

[au]

先ほどと同様に「アウ」の音ですが、「アー」と少し伸ばして「ウ」と添えて発音します。

house / cloud / down

[ei]日本語の「エイ」そのままの音です。

able / break / eight

[ou]

唇を小さくして「オ」を発音し、さらにすぼめて「ウ」を発音します。

open / no / boat

[ɔi]

大きな口で「オ」の後に「イ」を発音します。

boil / boy / choice

[ər]

舌を上顎につかないように丸めて「ア」を弱く発音し、[r]の音へつなげる。

flower / other / measure

ボリューム調節には上下矢印キーを使ってください。

[əːr]

口を軽く開き舌を巻いて、「アー」と発音する。この時に舌が上顎につかないように注意する。

bird / hurt / burn

ボリューム調節には上下矢印キーを使ってください。

[ɑːr]

大きな口で「ア」を言いながら[r]の発音へひきずっていく。

art / heart / park

[ɔːr]

すぼめた口で「オ」を言いながら[r]の発音へひきずっていく。

door / born / court

[uər]

すぼめた口で「ウ」を言いながら[r]の発音へ移り、口を少し開く。

tour / sure / your

[eər]

唇を横に伸ばして「エァ」を言いながら[r]を発音する。

air / chair / repair

[iər]
唇を横に伸ばして「イ」を強く発音した後に小さく「ァ」、

その後舌先を上へ巻き上げる[r]を発音する。

ear / dear / idea

英語の発音記号の読み方一覧:子音

英語の発音記号の読み方一覧:子音

子音の発音記号

日本語の子音は、母音とセットで発音されますが、英語は子音で

終わる単語が多くあります。

ほとんどの子音の発音は、ローマ字つづりの[ka](カ)ではなく、

[k](クッ)のように日本語の母音の音を外して発音します。

ただし、日本語よりも唇や舌を動かす動作が多いので注意が必要です。

その動作ごとに単語の種類分けがあり、破裂音や摩擦音、鼻音などと

呼ばれている発音があります。

今回は、破裂音、摩擦音、鼻音、その他に分けて紹介します。

破裂音

破裂音は文字通り、完全に閉じた口から勢いよく音を出します。

日本語の「ぱ」「ば」「た」「だ」「か」「が」が破裂音になります。

英語の破裂音は6種類です。

[p]

唇を破裂させて「プ」と発音する。

pot / stop / please

[b]

口を閉じた状態から大きく破裂させて「ブ」を発声する。

best / job / public

[t]

先ほどのdよりも短めに「ト」と発音する。

time / sport / yacht

[d]

舌を上下に動かしながら「ド」と発音する。

day / needle / read

[k]

短く「ク」と発音する。

key / bacon / sick

[g]

先ほどと同様に短く「グ」と発音する。

dog / game / ago

摩擦音

摩擦音は、音を出す際に空気摩擦が起きてできる音のことです。

日本語にない摩擦音があることや、息の通り道を狭くする動作が

あるため、苦手意識をお持ちの方が多いです。

英語の摩擦音は9種類です。

[f]

下唇を軽く噛んで息を吐きます。

fake/ five / fork / offer

[v]

唇を噛んで震わせながら「ブ」と発音する。

van / have / vacation

[θ]

舌先を軽く嚙んで息を出す。日本人が最も苦手とする発音の一つ。

think/thank / bath / thin

[ð]

舌を噛んで「ドゥ」と発声する。

this / with / mother

[s]

舌を上歯につけて「ス」と発音する。

southern/ sorry / safe / sun

[z]

歯を合わせて「ズ」を発音し歯を震わせる。

lease/rose / music / surprise

[ʃ]

日本語の「ス」に近い「シュ」の音。

ship/sheep / she / dish

[ʒ]唇をすぼめ、上の歯茎に舌先を近づけて「ヂュ」と

発音する。先ほどの「シュ」が濁った「ヂュ」という音になる。

ink / singer / long

[h]

ローソクの火を消すくらいのやさしさで息を吐いたときの音。

heat / heavy / help

鼻音

鼻音は口ではなく、鼻から抜ける音のこと。

例えると、ハミングで歌う時の音です。英語では3種類です。

[m]

口を閉じて「ム」と発音する。

man / summer / company

[n]

舌を上歯につけて「ヌ」と発音する。

nontherless/ pen / until / night

[ŋ]

「グ」の発音だが、舌の根元と鼻に意識を向けて発音する。

だたし、「ング」とまではいかない。

anger / hungry / king

その他の子音の発音記号

そのほかの子音の発音には、こちらのようなものがあります。

[w]

唇を突き出して「ウ」を発音する。

wealth/wait / week / weather/

[l]

「ル」の音で舌を上歯に当てます。

日本語の「ル」の発音に近いです。

leaf / line / pearl/left

[r]

舌先を丸めて上顎には触れずに音を出します。

先ほどの[l]と同じ「ル」の発音に聞こえますが、カタカナで表記すると

「ゥル」のように巻き舌の音が聞こえます。

red / right / marry/record/recommend

[j]

アルファベットは「j」だが、発音は「ユ」に近い「イエッ」の音。

yes / you / young

[ʧ]「チ」を普段よりも小さい口で発音する。

chair / question / much

[ʤ]

口を少しすぼめ上の歯茎に舌先をつけて「ジュ」と強く低い音を出す。

Japan / bridge / gym

まとめ

以上我々日本人にとってもっともな苦手な英語の発音を

わかりやすくカタカナを交えて解説してみました。

日本語は常に母音でおわる発音をしますが、英語の

発音はそれをやってしまうとまったく通じなくなって

しまうことがわかります。

発音記号は勉強するのはめんどくさく感じがち

ですが

じつは、ただしい英語の発音とリスニングを上達させる

ためには一番の近道であるというとこがわかります。

英語リスニングと洋楽が歌える「シラブル」の法則を最もわかりやすく解説!

英語がペラペラになる決め手であるリエゾンとシラブルの習得のこつとは

プロフィール


Yoshi

英語が苦手だった50代のおじさんが一念発起して英語学習を再開しました。もちろん留学経験とか全くないおじさんが今ではふつうにリスニングや会話ができるようになりました。ちなみにTOEICもこの年で900点を突破しました。このブログではもともと英語が苦手だったおじさんが英語が好きになった過程と教材そして情報を提供しています。

おすすめ英語教材トップ5!
プライム・イングリッシュ
ネイティブ・イングリッシュ
★英語教材の定番★【アルクのヒアリングマラソン】
TOEIC完全攻略900点コース
たった60日で英語が話せる!世界の七田式英語教材7+English
(TOEIC対策アプリ)スタディサプリEnglish
スタディサプリEnglish
ストアランキング1位!実績の英語学習アプリがこちら!
最近の投稿
英語教材情報