正しい英語の習得方法を提供しています!

廣津留すみれの英語力とハーバード大学への英単語記憶術と習得法は!

廣津留すみれさんは数多くのメディアに

出演されていて、とくにハーバードを主席で

卒業されていることは有名な話です。

英語を勉強している私達にとってとても参考に

したいのは、廣津留さんは、地方の公立高校から

それだけの英語力を身に着けたというところです。

そこで今回はその英語習得法について調べて

みました。

大分県の小中高全て公立、12年間で学費50万円で、

ハーバード大学合格・首席卒業、からの

ジュリアード音楽院合格・首席卒業、という輝かしい

経歴の持ち主です。

廣津留すみれさんの高校時代の英語力は

廣津留さん高校時代はセンター試験英語満点、

ハーバード大学現役合格という輝かしし実績

です。

そして凄いのが、小中高塾無し、公立校です。

その環境下でどのようにして高校時代に英語力

を身に着けたのかといえば、廣津留さんのお母さんが

英語の先生をしていたこともあり、英語力を高める

ポイントを把握されていたそうです。

それが、圧倒的な語彙力、読む書く聞く話すの4技能

自己表現力、説得力、クリティカルシンキング

想像力、自分で考える力

これらが英語力をつけるためのキーポイントであると

述べています。英語は家庭で伸ばすことができる

と断言しています。

そして、英語スピーチに関しては、

独自の見解、積極性そして簡潔さがポイントと

なるとのことです。

語学学習の初期は単語暗記をメインにして、

少し慣れたら、センテンスに触れながら長めの文章を

読める準備をすることを徹底したそうです。

英語塾を運営してきた母の独自の教育法で、幼い頃から

英語を学び、4歳で英検3級に合格しています。

廣津留流英単語習得法とは

日本人が必ず苦戦するのが、英単語の量です。

日本人がハーバード大学に合格しようとすると、最初に突き当たるのが

「英単語の壁」です。

廣津留さんは高校時代、ハーバード用の受験勉強の4分の3は

英単語暗記に費やしたといっても過言ではないほど、複雑で

理解の難しい単語を1万5000語も覚えたそうです。

そもそも英語が母国語の人でも真剣に覚え直さないと

いけないような単語がでてくる「SAT」が、かなり高いハードル

となったそうです。

SATに出てくるのは、ラテン語由来の単語、法律用語、化学元素の英語名、

世界史にでてくる中国人の英語名、数学の専門用語などなど、

ジャンルも幅広く覚えるのが困難なものが多いのです。

英単語記憶術は

廣津留さんの英単語習得法は五感を遊ばせないで最大限活用する

ことです。

ハーバード受験を決めた高校2年生の終わり、当時英検1級を取得

していたそうですが、それでも全く聞いたことのない単語を目

の前にして気が遠くなることもあったそうです。

そんな中、貫き通した単語記憶メソッドは、「五感暗記」だった

そうです。情報は何でもまず耳から入ってきます。

「視覚+聴覚」コンビとします。ま例えば朝のランニングの時間を

つかって足を動かすと同時に英語ポッドキャストを聴くと、

走るという触覚的経験と英語音声の聴覚情報がセットになって記憶が形成されます。

そしてルーティン化してしまうことによって、毎日悩む時間も必要なくなり、

徹底的な時間の節約と暗記の習慣化が身に着きます。

https://twitter.com/sumire_vln/status/1398435971478089729

まとめ

今回は、廣津留すみれさんの英語習得法について

調べましたが、高校時代にすでに英検1級を取得

するなど、勉強方法についてとても参考になる部分が

多いです。その肝となるなるのが、英単語力を

増やすことが重要であることが、廣津留さんの

勉強法でわかりました。

保里小百合アナウンサーの気になる英語力(英検1級)と習得法とは!

 

プロフィール


Yoshi

英語が苦手だった50代のおじさんが一念発起して英語学習を再開しました。もちろん留学経験とか全くないおじさんが今ではふつうにリスニングや会話ができるようになりました。ちなみにTOEICもこの年で900点を突破しました。このブログではもともと英語が苦手だったおじさんが英語が好きになった過程と教材そして情報を提供しています。

おすすめ英語教材トップ5!
プライム・イングリッシュ
ネイティブ・イングリッシュ
★英語教材の定番★【アルクのヒアリングマラソン】
TOEIC完全攻略900点コース
たった60日で英語が話せる!世界の七田式英語教材7+English
(TOEIC対策アプリ)スタディサプリEnglish
スタディサプリEnglish
ストアランキング1位!実績の英語学習アプリがこちら!
最近の投稿
英語教材情報