正しい英語の習得方法を提供しています!

英検1級の面談対策のポイントと合格近道となる重要フレーズは!

英検1級といえば、難解で、とくに語彙力が問われる

試験としても有名ですが、実は英検1級の合否をわける

ポイントは面談であるともいわれるくらい、面談対策

は重要になってきます。

そこで、今回は英検1級のカギとなる面談対策を

紹介したいと思います。

英検1級の面談の進行は

スピーチの準備には、1分間の時間が与えられますが、

準備時間中にメモを取ることはできません。準備時間が終わると、

タイムキーパーの面接委員が「One minute has passed.」と言い、

もう1人の面接委員が「Which topic did you choose?」

と聞いてくるので、英語で答えます。

「You have two minutes. Please begin. 」と促されたら

スピーチを始めます。制限時間は2分間で、

超過するとスピーチを終えていなくても打ち切られて

しまうので気をつけなければなりません。

このように面談について聞かれることはほぼきまって

いるので、こころの準備をしておけばいいと思います。

質問内容は

You have one minute to choose

a topic and prepare your speech.

〈1 minute〉

You have two minutes. Please begin.

英検1級面団のポイントは

まず、英検1級の面談のポイントととて

やはり常に結論から言うべきです。ポイントは、

まず質問に関して明確に自分なりの意見を答える

ようにすること、どちらとも言えないはできるだけ避ける事

がポイントです。そして次に理由です。なぜそう言えるのか

理由を説明をしましす。そしてその次は例を述べることです。

その根拠をサポートする具体的な事例を示すことがポイント

です。

英検1級のスピーチで使えるフレーズは

スピーチを行う際は、以下の構成とフレーズを使い話すと

論理的に話すことができます。

結論:「I agree / disagree with the idea that ~」

「Some people say ~. I think…」で立場を述べ、

理由:「There are two reasons why I think so.」と続けます。

本論1つ目:「 First of all / Firstly ~」で理由を説明します。

本論2つ目:「Second of all / Secondly ~」で理由を説明します。

再び結論:「Because of these reasons, I believe that ~」

でまとめると、首尾一貫したスピーチの流れとなります。

これらの表現を使えば、面接試験にある程度対応することが

できますが、テクニックだけでは本当のスピーキング能力や

英会話能力を身に着けることはできませんので、

もちろん地道な学習と練習も必要です。

英検1級面談試験の例は

そこでサンプルスピーチを紹介します。全く同じトピックが

出なくても、同じようなトピックや関連性があるトピックが

出てきたときに、覚えた内容が口からスラスラと出てくる、

それが合格の近道となります。

2分間計って練習、2分以内に収まるように、サンプルの

練習をすることが、英検1級面談対策のコツです。

面談問題のサンプル

  • Should the Internet be censored?
  •  Is adopting orphans from other countries a good thing?
  •  Does the media invade the lives of public figures too much?
  •  Does history show that people are becoming more civilized?
  •  Should Japan allow more immigrants into the country?

スピーチの例は

“Should the Internet be censored?”

Yes, I believe that the Internet should be censored.

One reason this should be done is to protect children

and other vulnerable individuals from viewing material

that’s harmful to them.

The Internet is full of violent and pornographic sites.

These sites are easily accessible and display content

that could negatively affect an individual’s emotional health.

Images of violence and indecent sexual acts

can lead to harmful and destructive behavior.

The other reason the Internet should be censored

is to prevent the expression of racist language

and extremist views that are currently allowed.

Many blogs and other postings are so full of offensive words

and opinions that readers may be unduly influenced.

These inflammatory comments create an atmosphere

of racial tension and intolerance that lead people

to mistrust and fear one another. Their presence on the Internet

causes nothing but hatred in a world in desperate need of harmony.

I believe the Internet is useful and it should be a forum

for a large number of views and ideas. However,

the Internet has too much impact on people and society

as a whole to allow people complete access

to any kind of content. We need to make sure

that content is appropriate to users of all ages.

例題 2

Agree or disagree: Japan should legalize physician-assisted suicide.

With more incidences of chronic diseases and protracted illnesses

associated with the aging population in Japan, demand for the legalization

of physician-assisted suicide has been growing there.

Japan should legalize physician aid in dying for three reasons:

greater reliability, a patient’s right to die, and an eased burden on the family.

Firstly, doctor-assisted death is sufficiently reliable.

Trying to commit suicide without such aid can fail,

resulting in a tragedy. Patients might sustain the aftereffects

for the rest of their lives. In contrast, the aid-in-dying medication administered

by a doctor ensures death while inflicting

as little pain and suffering as possible.

Moreover, everyone should have the right

to make their own health care decisions

and decide when to die.

Knowing when that will be, they will have enough time

to say farewell to their intimate friends and relatives

and distribute their property to their heirs.

Legalized assisted suicide enables patients to spend the time

until the last moment of their lives in peace.

Additionally, bereaved family members can be freed

from economic and mental burdens.

Generally, taking care of an elderly relative

requires a tremendous amount of money and time, which gradually wears them down.

Some have no choice but to quit their jobs, dedicating themselves

to the person. In the worst-case scenario, stress and depression force the caregiver

to resort to killing the patient.

From these perspectives, there is no doubt that the Japanese government

should legalize physician-assisted suicide.

まとめ

このように、英検1級といえども、面談試験の展開と

対策にはある程度コツがあります。

面談のなかで、質問を聞き返す時は「I beg your pardon?」

「I am sorry, but could you repeat the question again?」、

考える時間が欲しい時は、「Well…」 や

「That’s a difficult question」などの表現を使って、

気持ちを整理して、上記の展開に持ち込めるようにすることが

ポイントです。言い直したいときは「Let me put it this way」、

と言って冷静に対応することが大事です。

上記では、例題のサンプルをのせましたが、何度も音読して

自分のものにすることが大事です。そうすると、質問の

テーマが変わっても、ある程度応用がきいて、スムーズに

スピーチを展開できると思います。

 

 

プロフィール


Yoshi

英語が苦手だった50代のおじさんが一念発起して英語学習を再開しました。もちろん留学経験とか全くないおじさんが今ではふつうにリスニングや会話ができるようになりました。ちなみにTOEICもこの年で900点を突破しました。このブログではもともと英語が苦手だったおじさんが英語が好きになった過程と教材そして情報を提供しています。

おすすめ英語教材トップ5!
プライム・イングリッシュ
ネイティブ・イングリッシュ
★英語教材の定番★【アルクのヒアリングマラソン】
TOEIC完全攻略900点コース
たった60日で英語が話せる!世界の七田式英語教材7+English
(TOEIC対策アプリ)スタディサプリEnglish
スタディサプリEnglish
ストアランキング1位!実績の英語学習アプリがこちら!
最近の投稿
英語教材情報