正しい英語の習得方法を提供しています!

ネイティブに使っても自然な英語あいさつとそうでない会話の違いは!

英語を習う際に、あいさつというのは、まず最初に習う

基本中の基本と思いがちですが、実は日本で学校で習う

英語のあいさつは、基本中の基本でありながら、

ネイティブにとっては違和感を感じる

ものがたくさんあるというのも事実です。

そこで、今回がネイティブに使っても自然な英語の

あいさつのポイントについて調べてみました。

あいさつは相手と別の言葉で返答する

これについては、日本人の習慣からするとわかりにくい

ポイントだと思います。

たとえば、おはよう、と声をかけられたら

おはよう、と返答するのが、自然で、また

マナー上も自然ですが、英語のネイティブに

とっては、それは違和感を感じる部分です。

例えば、Hi と声をかけられたら、こっちは

Hello で返すとか、別れ際に See you と

声をかけられたら、Take Care など別の言葉

で返すのが、ネイティブにとっては基本です。

ネイティブが使うあいさつは

ネイティブはなるべくフレンドリーな挨拶をこころがけて

います。

例えば

How goes it?

How’s it going?

What’s up?

How have you been?

How’s business?

Long time no see (ひさしぶり!)

Are you keeping busy? (忙しくしている?)

などです。

それに対する返答は

Great!

Couldn’t be better? (絶好調だよ!)

Really good.

Not much (あいかわらずです)

Not bad (まあまあです)

などです。

あいさつの自然な使い方は

例えば

How are you doing?

に対して、、よく日本では

I’m Fine

という返答の仕方を習いますが、これだと

ネイティブにとっては、ぶっきらぼう

に聞こえてしまいます。

返答としては

Couldn’t be better!

など返すと、とてもテンションが高い

返答になります。

また

Hello とあいさつされたときに

同じ Hello と返すとこれもネイティブ

にとっては、不自然です。同じ言葉で

返さないことが鉄則です。

またHello Mr. James

のように、ファミリーネームであいさつするのも

不自然です。

基本は Hello,Mike

のようにファーストネームで呼ぶのが自然です。

また、別れ際のあいさつとしては

See ya

が自然です。

目上の人にお礼を言うとき

日本では、なんとか様とか

タイトルをつけて挨拶しますが、英語ネイティブ

とっては不自然です。

Thank you.

え十分なのです。

自己紹介するときは

よく日本では、自己紹介するとき、

My name is~ からはじめることを

習いますが、ネイティブにとっては不自然です。

I’m Taro, Taro Tanaka

のように、日本の名前はファーストネームとラストネーム

の区別がつきにくいので、このように、ファーストネーム

から言って、そのあとにフルネームで紹介するほうが

フレンドリーです。

まとめ

このように、ネイティブが自然に感じるあいさつと

日本で習った教科書的な英語には、実際の日常会話

においては、違いがあるようです。

上記のポイントを把握して、これからは、自身

をもって英語で話しかけてみたいですね!

 

プロフィール


Yoshi

英語が苦手だった50代のおじさんが一念発起して英語学習を再開しました。もちろん留学経験とか全くないおじさんが今ではふつうにリスニングや会話ができるようになりました。ちなみにTOEICもこの年で900点を突破しました。このブログではもともと英語が苦手だったおじさんが英語が好きになった過程と教材そして情報を提供しています。

おすすめ英語教材トップ5!
プライム・イングリッシュ
ネイティブ・イングリッシュ
★英語教材の定番★【アルクのヒアリングマラソン】
TOEIC完全攻略900点コース
たった60日で英語が話せる!世界の七田式英語教材7+English
(TOEIC対策アプリ)スタディサプリEnglish
スタディサプリEnglish
ストアランキング1位!実績の英語学習アプリがこちら!
最近の投稿
英語教材情報