正しい英語の習得方法を提供しています!

プライムイングリッシュのテキストをつかった勉強法を解説!

プライムイングリッシュという英語教材が今いちばん

気になる教材です。

これは、「1日30分・6ヶ月後には英語が溢れ出す」という

キャッチフレーズが英語習得に悩んでいる人たちの心を掴んでいるよう

ですが、私もこの教材が他の教材と違ったコンセプトの

教材であることに興味をもちました。

私もその広告に引かれてプライムイングリッシュを

購入して実際に6ヶ月間使ってみてその効果を検証して

みました。

今回は英語例文をつかって、プライムイングリッシュの勉強法

について解説してみたいと思います。

プライムイングリッシュ英語例文

The story of how Supernova formed a bridge

to exceptional service picks up just as Merrill’s private client group

was becoming a better organization. As mentioned in Chapter1

Financial advisors were migrating to an annuitized or fee-based business model.

More and more FAs were beginning to make their money on management fees

tied to percentages of the portfolio value, not commisions tied to trades or transactions.

It’s what clients told us they wanted, and it makes perfect sence.

The table was set perfectly for FAs to become true advisors, instead of salespeople.

But here was a problem – with no sales call to make,

there was no reason to call clients at all. In their case study of Supernova,

the authors at the Harvard School of business called this temptation

to coast “the golf problem.” Said on FA in the case study:

The soft underbelly of annuitized busiess is that

unless you commit to providing a certain level of service,

once you are being paid whether or not you do anything,

there is less incentive to contact your client.

Supernova could solve this problem, we first had to diagnose it.

プライムイングリッシュの例文の翻訳と解説

Supernovaがメリルリンチのプライベートカスタマーグループとして

優れたサービスの橋渡し役になったことで、さらによいチームに

なっていった。

チャプター1で述べたように、ファイナンシャル・アドバイザーは

非市況依存型収入(アニュタイズド化)に移行していった。

トレードや取引に基づいた手数料から、ポートフォリオバリューの

パーセンテージに基づいた管理手数料を収益源とする

ファイナンシャル・アドバイザーがますます増えていった。

しかし問題もあった。すなわちセールスのための電話しないことになると

顧客に電話をする理由がなくなってしまった。

Supernovaのケーススタディーでは、ハーバードのビジネススクールの著者

は、この衝動を「ゴルフ問題」と称した。

非市況依存型収入(アニュタイズド化)ビジネスの本髄は、ある程度以上

のサービスを提供できない限り、かつてはなにか顧客に提供したかどうかに

関係なく報酬を得ていたのであるが、顧客にコンタクトしようするインセンティブが

なくなっていた。Supernovaはこの問題を解決する。Supernovaによって

この問題が解決される以前は、まずそれを考える必要があった。

プライムイングリッシュの勉強法

上記の英語は経営にかんするビジネス英語ですが

プライムイングリッシュのアプローチの仕方は

「知っている英語・理解している英語」

を「使える英語」まで持っていくためのアプローチ

の仕方です。

上の英文だと、知っている単語とそうでない単語が

あると思いますが「真似る」「試す」「実践する」

の3ステップで口からフレーズが飛び出すようになる訓練を

していきます。

まずは、英文と和訳をみて自分なりに英語を想像します。次に英語

を聞いて正解を確認し、最後のポーズで、聴いた英語を真似します。

そして、音声が日本語→ポーズ→英語→ポーズの順で流れて

いきます。日本語を聴いて英語をアウトプットしてみます。

次に英語を聴いて、自分のアウトプットが正しかったかどうか

確認していきます。

このサイクルを何度も繰り返していくと、長文でも英語が自分

のものになっていく過程をとっていきます。

まとめ

プライムイングリッシュの特徴は、英語を音読することで

英文が日本語に自然とつながっていくプロセスをとって

いきます。この過程から、日本人とって聞き取りづらい

英語もカタカナで解説して、実際に理解できる過程

をこなすことで、英語が自然と自分の口から出てくる

ような勉強法です。

実際に私のtoeic スコアでも3か月で900点に達する

ことができました。

とくに日本人が不得意なリスニングの解明をネイティブの

カタカナ解析をしてくれているので、私のような、コテコテの

日本語発音の人間でも、ネイティブの発音構造がわかるように

なりました!

日本人が苦手意識をもっているリスニングコンプレックスを

解消できれば、スコアもどんどん伸びていきます!

 

プライムイングリッシュには14日以内の全額返金保証もあるので

気になっている方は一度試してみることをおすすめします。

 

 

 

おすすめ英語教材トップ5!
プライム・イングリッシュ
ネイティブ・イングリッシュ
TOEIC完全攻略900点コース
(TOEIC対策アプリ)スタディサプリEnglish
たった60日で英語が話せる!世界の七田式英語教材7+English
スタディサプリEnglish
ストアランキング1位!実績の英語学習アプリがこちら!
★英語教材の定番★【アルクのヒアリングマラソン】
最近の投稿
英語教材情報