正しい英語の習得方法を提供しています!

チャンクリーディングの区切り方をビジネス英語長文で習得する!

我々日本人が英文とくに英語長文を読むのに

つまずいてしまうのが、日本語の順番でいつも

英語に向き合ってしまうところです。

とくに英字新聞やビジネス英語の長文などは

日本語の文型を考えて読んでしまうと前に進まなく

なります。

その問題を解決する方法として、スラッシュリーディング

があります。

スラッシュ・リーディングとは、英語の文の構造(=5文型)を

つかみながら、文に区切りを入れていき、それぞれ

独立した意味をとっていく技法です。意味を区切ることは、

英文を読解するために不可欠なテクニックです。

なぜなら、英文は日本語と語順が違うため、意味が

取れなくなるからです。

チャンクリーディングの重要性

英語と日本語の文法の根本的な違いはこれです。

日本語は

主語、目的語、動詞(順番を入れ替えても成り立つ)

の順番です。

ところが英語は

主語、動詞、目的語(順番を入れ替えたら意味が変わる、

または成り立たない)ルールになっています。

要するに、英語は区切りをしないと、すんなりと

英語が頭に入ってこないのです。

 

チャンクリーディングのルールは

スラッシュは以下のところで区切ります。

  • カンマ、コロン、セミコロンの後
  • 前置詞(in、on、withなど)の直前
  • 接続詞(that節、whether節、if、andなど)の直前
  • to 不定詞の前
  • 疑問詞の前
  • 目的語や補語の直前
  • 関係詞の直前
  • 長い主語の直後

のルールとなります。

そこで今回はビジネス英語の例文とつかってスラッシュリーディング

を練習してみようと思います。

チャンクリーディングのためのビジネス英語

The humble foundation of the ultimate client experience

Free-based models of revenue /do not lead directly/ to exceptional

client service.

Exceptional service/ is a perception; it’s harder /to measure/ than

portfolio value /and differs from one client /to the next.

In our investigation, exceptional service /has five distinct components,

with “Scheduled contact /and meaningful conversations”/ as the primary driver.

The Supernova contact rituals; Twelve scheduled contacts one a month,

4 of the 12/ include quarterly reviews /of the full portfolio, /2 of the scheduled

reviews /are face to face meetings/ with a broad agenda.

Discipline/ is a drain on energy. Rituals/ keep energy free/ for

better purpose. Supernova client contact /is a ritual, /not a discipline.

翻訳

究極の顧客対応へ向けての基礎

手数料をベースにした収益モデルでは優れた顧客サービスへとはつながらない。

優れたサービスとは知覚的である。すなわちポートフォリオの価値よりも図る

ことが難しく、あるクライアントと次のクライアントでは異なってくる。

我々の調査では、優れたサービスは、先導役となる「計画されたコンタクトと内容のある会話」

とともに5つの根本的な性質をもっている

Supernovaの顧客との接触ルール:12/4/2と言われるルールは

1か月の12の予定している顧客との接触のうち、4回はすべてのポートフォリオの

四半期レビューを行い、リビューのうち2回は幅広いテーマで対面式の

ミーティングを行う。

懲戒はエネルギー消耗させる:習慣的決まりはより良い目的にむけてエネルギーを

蓄える。Supernovaでの顧客との接触は習慣的決まりであり、懲戒で

はない。

まとめ

上であげたビジネス英語は構文も単語もそれほど難しくなく、

出てくる英単語に慣れてくれば、音読するにも適材だとおもいます。

ネイティブが、実際に使うような手軽なビジネス

英語で、現在話題になっている、経営の話だとか

経済の話を英語で学ぶことができます。

この習得方法で、読解だけでなく、スピーキングとヒアリング

が同時に上達してきます。

 

この方法を実践している英語教材がこちらにあげている

プライムイングリッシュです。

英語の理解と音読を組み合わせて、英語の読解からスピーキング

ヒアリングへとつなげてくれる今話題の英語教材です。

お試し無料期間があるので、一度チェックしてみる価値が

あると思います。

是非参考にしてみてください。

おすすめ英語教材トップ5!
プライム・イングリッシュ
ネイティブ・イングリッシュ
(TOEIC対策アプリ)スタディサプリEnglish
Hulu
たった60日で英語が話せる!世界の七田式英語教材7+English
スタディサプリEnglish
ストアランキング1位!実績の英語学習アプリがこちら!
★英語教材の定番★【アルクのヒアリングマラソン】
最近の投稿