正しい英語の習得方法を提供しています!

スラッシュリーディングで英字新聞を読む練習方法!

日本語の文型が頭にこびりついている

我々日本人にとって、英語長文を読むのに

全然前に進まないという悩みをよく耳にします。

その解決方法として、スラッシュリーディング

といのがあります。

スラッシュ・リーディングとは、文の構造(=5文型)を

つかみながら、文に区切りを入れていき、それぞれ

独立した意味をとっていく技法です。意味を区切ることは、

英文を読解するために不可欠なテクニックです。

なぜなら、英文は日本語と語順が違うため、意味が

取れなくなるからです。

スラッシュリーディングがなぜ重要?

英語と日本語の文法の根本的な違いはこれです。

日本語
主語、目的語、動詞(順番を入れ替えても成り立つ)

英語
主語、動詞、目的語(順番を入れ替えたら意味が変わる、

または成り立たない)

要するに、英語は区切りがわかれば、すんなりと

英語が頭に入ってきやすのです!

 

スラッシュリーディングのルールは

スラッシュは以下のところで区切ります。

カンマ、コロン、セミコロンの後

前置詞(in、on、withなど)の直前

接続詞(that節、whether節、if、andなど)の直前

to 不定詞の前

疑問詞の前

目的語や補語の直前

関係詞の直前

長い主語の直後

そこで、今回はトランプ氏がベネズエラ侵攻を検討していたという

の英字新聞を使ってスラッシュリーディングのやり方を

実践したいと思います。

スラッシュ付英字新聞で練習

During an August 2017 Oval Office meeting /

to discuss sanctions on Venezuela/, President Trump

— to the dismay of former Secretary of State Rex Tillerson

and former National Security adviser H.R. McMaster —

asked his top aides /about the potential

of having the U.S. invade the country, /reports the AP’s Joshua Goodman,

citing a senior administration official familiar with the conversation.

和訳

2017年8月のベネズエラへの制裁措置について話し合う執務室会議で

トランプ大統領は元国務長官のティラーソンしと

元国家安全保証アドバイザーのマクマスター氏側近の

トップに、米国がベネズエラを侵略する可能性について

尋ねいたことを、シニア当局の会話に精通している

APのジョシュア・グッドマンが伝えている。

Why it matters: A military invasion of Venezuela /

could jeopardize the U.S. relations /with Latin American governments /

involved in the ongoing effort /

to punish Venezuelan President Nicolas Maduro /

for moving the country toward a dictatorship

, the administration official told Goodman.

Even after the initial pushback from his advisers

, /Trump continued to press for military action /

against Venezuela in the following weeks.

The president also discussed the idea /with Latin American allies, /

including Colombian President Juan Manuel Santos

, /writes Goodman

, /despite Trump’s staff urging him not to raise the issue.

Former National Security Adviser H.R. McMaster /

reportedly even pulled the president aside, /

and explained to him /why invasion /was a dangerous option.

This isn’t the first time /Trump has spoken /

about military action in Venezuela. Last August, /

he said the U.S. military would be “locked and loaded” /

to take action against the country.

 

和訳

2017年8月のベネズエラへの制裁措置について

話し合う執務室会議でトランプ大統領は元国務長官の

ティラーソンしと元国家安全保証アドバイザーの

マクマスター氏側近のトップに、米国がベネズエラを

侵略する可能性について尋ねいたことを、

シニア当局の会話に精通しているAPの

ジョシュア・グッドマンが伝えている。

ベネズエラへの軍事侵攻は、ベネズエラを独裁の方向に

向かわせようとしているニコラス・マドゥーロ大統領を

糾弾しようと継続的に努力しているラテンアメリカ政府

との関係を窮地に陥れる可能性があった、と政府当局者

はグッドマンに語った。

詳細:側近顧問からの説得され後退した後でさえ、

トランプは数週間の間ベネズエラに対する軍事行動を

模索し続けていた。

大統領はまた、その考えをコロンビアの

フアン・マヌエル・サントス大統領を含む

ラテンアメリカの同盟国と討論していた、

トランプの側近たちがその問題を提起しないように

促したにもかかわらず、とグッドマンは記している。

元国家安全保障担当顧問H.R.マクマスター氏は、

大統領を脇に引っ込めたたとさえ伝えられている。

そして、侵攻がなぜ危険な選択であったのかを彼に説明した。

これは、トランプがベネズエラで軍事行動について

話したには初めてのことではない。去年の8月、彼は、

米軍がベネズエラに対抗するため「臨戦態勢」

のじゅんびえは整っていると述べていた。

 

まとめ

英語構文もそれほど難しくなく、出てくる英単語に

慣れてくれば、音読するにも適材だとおもいます。

ネイティブが、実際に使うような手軽な

英語で、現在話題になっている、政治の話だとか

経済の話を英語で学ぶことができます。

これを利用すれ、読解だけでなく、スピーキングとヒアリング

が同時に上達してきます。

 

こちらは、英語教材の人気ランキングです。

是非参考にしてみてください。

おすすめ英語教材トップ5!
プライム・イングリッシュ
ネイティブ・イングリッシュ
(TOEIC対策アプリ)スタディサプリEnglish
Hulu
たった60日で英語が話せる!世界の七田式英語教材7+English
スタディサプリEnglish
ストアランキング1位!実績の英語学習アプリがこちら!
★英語教材の定番★【アルクのヒアリングマラソン】
最近の投稿