正しい英語の習得方法を提供しています!

ヒアリングマラソンを効果的に活用する勉強法とは!

日本人にとって英語のヒアリングは一番の難題といって

もいいです。

英語を聞くとき、日本語の語順で理解しようとしている人

が多いことが要因です。

そこで、CMでもおなじみのヒアリングマラソンの英語

のヒアリング教材が注目を得ています。

このヒアリングマラソンは、使い方によっては、画期的で

効果的なヒアリング教材である一方で、使い方を間違える

とよく出てくる批判と同じような結果となってしまいます。

ここで、今回は、このヒアリングマラソンのポイントと

効果的な上達方法を紹介したいと思います。

「ヒアリングマラ...」の画像検索結果

ヒアリングマラソンの勉強法は

日本語の語順で聞き取ろうとすると、

気がついたときには話が先に行ってしまって、内容が全く

理解できなくなってしまいます。

そもそも、その単語や文法、表現を知らない

正しい発音で単語を覚えていない

から聴き取りが難しくなってしまっています。

ヒアリングマラソンで効果的に改善する方法は

昼休み時間でも家に帰ってからでも良いですが、

聞き取れなかった英語表現を”English Journal”で

確認することが重要となります。

聞き取れなかった英語表現をそのままにせず、

なぜ聞き取れなかったのかを明確にして理解する事は

英語上達で重要です。

 

知っている単語が聴き取れないことを解消する

聴き取れたとしても、話すスピードに理解するスピードが

ついていかない

1回聞いたら、何を言っていたのか、理解度を自分なりに測りましょう。

さらにそれを数回程度行います。

続いて、分からない単語含めて、音を判読するためにリスニング

を繰り返します。

これ以上聴いても、正しい発音を理解していない箇所がどこなのか、

テキストを読んで、リスニングで想定した内容(意味)との

ギャップをチェックします。

返り読みの癖を抜く!

返り読みの癖から英語を理解するのに時間がかかって

しまう癖を解消することが大事です。

自分が聞き取れていない英単語、表現は

素材を聞きながら、テキストをチェックします。

ここで聞き取れなかった文字と音を完全に一致させる

ことが大事です。

そこで重要な事は完璧主義はやめて継続させることです。

理解出来なかった英語表現や初めて見る英単語、英文法などを

その日のうちに全て理解し記憶する事が出来れば完璧だと思いますが

これは現実的ではありませんし、英語学習が苦痛になってしまいます。

そこで、まずは、自分が何が聞き取れていないのかを選別

することが大事です。そして、最後にテキストでそれを

確認して自分のものにすることが効果的な上達の近道

となります。

ヒアリングマラソンの勉強法のポイントは!

ヒアリングマラソンは、取り上げている題材が秀逸です。

それを活かして、ヒアリング力と英語力を画期的に

伸ばすチャンスがあるのがヒアリングマラソンです。

そしてポイントは、できるだけ簡単なものを選んで

シャドーイングやディクテーションを続けることです。

これが凄い大事なところで、聞きながら、それを真似をして

フォローしてみることです。そこで、自分が本当にその英語

が理解しているのかどうかわかるのです。

そして、怪しいな、と思ったらテキストを振り返ってみる

ことです。そうすることによって、自分が勘違いしていたことや

新しい発見があるのです。その過程をすることで、飛躍的

にヒアリング力と同時にスピーキング力がアップします。

私は、このヒアリングマラソンをこのように利用しました。

ヒアリングマラソンの勉強法のポイントは、テキストをもう一度学習すること

です。リスニングでは多聴だけでなく必ず精聴もすることが

大事なのです。

多聴だけではブレイクスルーが訪れずに挫折してしまいがちです。

精聴することは、自分の知らなかった部分を吸収することであり

レベルアップのためのものになります。

そして、ヒアリングマラソンのテキストで語彙や慣用表現なども

合わせて勉強することも大事だと思います。

そうすることで、自分の引き出しが多くなり、本当の意味での

英語力につながっていきます。

ヒアリングマラソンをやりながら単語を増やす方法は

素材の文脈をそぎ落とさないことです。

ヒアリングマラソンは秀逸な文脈があり、そのせっかくの文脈を

活かすことが大事です。テキストの文章の当該語句(左ページ)とその和訳

(右ページ)に丸印を付けるだけでいいと思います。

テキストそのものを自分のオリジナル単語帳にしてしまって、

文脈ごと覚えることが、ヒアリングマラソンの勉強法の肝と言っても

過言ではないと私は思います。

音読で仕上げる

音読は頭に取り込んだ音と

意味を完全に身につけるステップです。

まずは、素材と一緒に5回音読、次に素材なしで10回程度音読

することがポイントです。

ここでのポイントは、意味をイメージしながらよむこと

正しい発音(単語だけでなく連音含めて)取り込むことです。

まとめ

ヒアリングマラソンの「HEMHET]を活用

「HEMHET」を提出して毎月の点数が良くなれば、英語の上達を

実感して自信にもつながります。

点数の悪いことを気にするのではなく、 点数を一喜一憂するだけで

なく、なぜ点数が悪かったのかを考えて、上記のポイントを

踏襲することが大事です。

そうすれば、ヒアリングマラソンで効果的で画期的に上達する

ことができます。



おすすめ英語教材トップ5!
プライム・イングリッシュ
ネイティブ・イングリッシュ
TOEIC完全攻略900点コース
たった60日で英語が話せる!世界の七田式英語教材7+English
(TOEIC対策アプリ)スタディサプリEnglish
スタディサプリEnglish
ストアランキング1位!実績の英語学習アプリがこちら!
★英語教材の定番★【アルクのヒアリングマラソン】
最近の投稿
英語教材情報