正しい英語の習得方法を提供しています!

英語のポイント!動名詞と不定詞の使い分けの簡単な覚え方とは!

動名詞とは、動詞(V)ing形のことで「~こと」という主語や目的語

に使われる用法から現在分詞でも使われます。

不定詞は、動詞の原形の前に「to」を付けたもので、不定詞も「~こと」

という意味を表すことができます。

不定詞は未来で何かをするという意味を持った動詞の後に使います。

動名詞と不定詞になる動詞の使い分け

「動名詞 不定詞 ...」の画像検索結果

動詞には以下のように動名詞か不定詞あるいは両方使える

ものに分かれます。

動名詞を伴う動詞の覚え方は

動名詞になる動詞の覚え方として有名なのが

「メガフェプスダ」というのがあります

それはこちらです。

mind ~するのを気にする

enjoy ~を楽しむ

give up 諦める

admit 許す

finish ~を終える

escape 逃げる

put off ~を後回しにする

stop ~をやめる

deny 否定する

avoid 避ける

以上の動詞は動名詞が目的語として使われます。

不定詞を伴う動詞

want ~したい

need ~する必要がある

would like、 would love ぜひ~したい

hope ~を望む

expect 予期する

plan 計画する

intend 意図する

mean ~を意味する

不定詞の副詞的用法は重要

He woke up to find that his luggage had vanished

彼は起きたとき荷物が跡形もなくなっていることに気づいた。

My grandfather lived to be 100.

私の祖父母は100歳まで生きた。

grow up to be

成長して~にある

The rescue party set off at dawn ,only to come back

empty handed at dusk

レスキュー隊は夜明けとともに出発したがなにもないまま夕方

戻ってきた

He departed from Russia, never to return.

彼はロシアを去り二度と戻ってこなかった

不定詞の形容詞用法

He became the first black person to be elected president

彼は最初の黒人大統領になった。

the last 名詞 to Vb

the only 名詞 to Vb

独立不定詞

to be honest

to tell the truth

not to mention

to say nothing of

to say the least of

not to say

needless to say

so to speak

to begin with

to make matters worse

 

動名詞も不定詞も両方使用可能だが意味が違ってくる動詞

go on

動名詞:(以前から)をし続ける

不定詞:(ある行動の後に)続けて~する

try

動名詞:~試しにする

不定詞:~しようと努力する

regret

動名詞:~を残念に思う

不定詞:残念ながら~する

remember

動名詞:~した事を覚えている

不定詞:(これから)~しないといけない事を覚えている

stop

動名詞:~するのをやめる

不定詞:(これから)~するために立ち止まる

forget

動名詞:~した事を忘れる

不定詞:~する事を忘れる

 

まとめ

不定詞は基本的に未来で何かをするという意味を

持った動詞の後に使うと覚えたらいいと思います。

例えば、plan~計画する、promise~約束する、

agree to~同意するなどの未来を表す動詞の後に使います。

また、現在形に限らず過去形の場合もその動詞の原形が

未来を表すなら不定詞になります。

そして不定詞で重要なのは、副詞的用法です。

これは「結果~となる」という使い方で、英訳のポイントに

なることがよくあります。

一方で動名詞は現在と過去に~したという意味を持った

動詞の後にきます。

例えば、avoid~を避ける、give up~を諦めるなどの

動詞の後になります。

おすすめ英語教材トップ5!
プライム・イングリッシュ
ネイティブ・イングリッシュ
(TOEIC対策アプリ)スタディサプリEnglish
Hulu
たった60日で英語が話せる!世界の七田式英語教材7+English
スタディサプリEnglish
ストアランキング1位!実績の英語学習アプリがこちら!
★英語教材の定番★【アルクのヒアリングマラソン】
最近の投稿