正しい英語の習得方法を提供しています!

英文法の重要単元を例文を使って習得する方法とは

英文法の重要単元をおさえることは、例文や

長文を使って理解していかないと、本当に

習得できません。

そこで、重要単元について、例文をつかって学習します

 

英文法の重要単元~接続詞

例文

This time is different “are the four most dangerous words

In investing. While anyone caught up in a speculative bubble

would do well to heal them, the four costliest words for a

long term investor may be “this is the top”

 

解説

ここでは、whileの使い方を勉強します。

whileは接続詞なので、S+Vがその後に続きます。

意味は、~している間、~している時が主な意味です。

そして、もう一つの重要な使い方は~の一方で

~であるが、というように逆説接続詞として使います。

その時は必ずwhileの前にカンマがはいるのが一般的です。

同じような意味でduringがありますが、これは接続詞なので

後ろは名詞が続きます

英文法の重要単元~特殊な仮定法

A continuation of the pattern would have meant an almost

Imminent crash.

解説

これは仮定法過去完了です。過去の出来事を推量して

上記の訳は

「そのパターンが続いていたなら、クラッシュしていただろう」

という意味です。

Should voters turn away from the acting chancellor after

her failure to turn her victory into parliament majority,

Market may prefer to step down as party leader.

 

解説

これは、仮定法のifの省略と倒置分です。

わかりやすい例文はこちら↓です。

仮定法ifの省略
Should it be rainy, I’ll stay at home

もし雨なら、家にいるだろう。

 

重要単元~such that

The move caused such surprise among members that

some were left wondering whether it might have been

a daring ploy to jolt it.

解説

その行動は、メンバーの間でとても驚かせたので、何人かは

つなぎ合わせるための大胆な策略ではないかろ疑っていた。

まとめ

英文法の重要単元を取得するには、まず

英文を借りてくるところから始めます。

そして英文を何度も熟読して音読することは、英文法の

理解だけでなく、英語話す能力やライティングにも

つながってきます。

英語構文もそれほど難しくなく、出てくる英単語に

慣れてくれば、ネイティブが、実際に使うような手軽な

英語で、現在話題になっていることを英語で

アウトプットできるようになります。

そのコンセプトを実践している人気トップ2の英語教材が

こちらです↓

是非参考にしてみてください。

No.1

No.2

おすすめ英語教材トップ5!
プライム・イングリッシュ
ネイティブ・イングリッシュ
(TOEIC対策アプリ)スタディサプリEnglish
Hulu
たった60日で英語が話せる!世界の七田式英語教材7+English
スタディサプリEnglish
ストアランキング1位!実績の英語学習アプリがこちら!
★英語教材の定番★【アルクのヒアリングマラソン】
最近の投稿