正しい英語の習得方法を提供しています!

英作文が得意になるキーとなる重要英語慣用句を厳選!

日本人にとって苦手なのが、なんといっても

英作文です。

英作文を克服するポイントととして、英語慣用表現の

引き出しを増やしておくことが大事ですが、日本人に

とって困惑するのが英語の助動詞の使い方です。

そこで、今回は英語の助動詞に焦点を当てて、慣用表現

をピックアップしました。

 

「重要英語慣用句...」の画像検索結果

would を使い方、慣用表現

 

would rather+動詞の原形~ than+動詞の原形…

という形をよくみます。意味は、「…するよりはむしろ~したい」

となります。

I would rather talk than sing.

(私は歌うよりむしろ話たい。)

ます、would rather の後には動詞の原形が続きます。

さらに比較の対象として、than+動詞の原形 という

まとまりをつけることで、「…するよりはむしろ~したい」

という意味になります。

 

would like to+動詞の原形~(~したい)

これも、would like to で一つの助動詞と考えると、

その後に動詞の原形を続けるという助動詞の原則が成り立ちます。

I would like to play the piano

(私はピアノを弾きたい。)

would like to の後には、play という動詞の原形が続いてます。

 

can に関連した慣用表現

cannot ~ too …(どんなに~してもしすぎることはない)

You cannot be too careful when you drive a car.

「車を運転するときは、いくら注意してもしすぎることはない。」

 

cannot but+動詞の原形~

I cannot but sing.

(私は歌わざるを得ない。)

これは、「私は笑わずにはいられない。」という意味で、

他に、cannot help ~ing(~せずにはいられない)という形

でも表現できます。

I cannot help singing.

(私は歌わずにはいられない。)

どちらも意味は同じ意味になります。

つまり、

I cannot but sing

I cannot help but sing.

I cannot help singing.

のいずれも、同じ意味になります。

 

助動詞の may、might に関連した慣用表現

may well+動詞の原形~ と、might well+動詞の原形~

「~するのももっともだ」、「たぶん~だろう」という意味です。

You may well be proud of yourself.

(あなたが自分を誇りに思うのももっともだ。)

may well の後には be という動詞の原形が続いてます。

しかし、might well にすると、may well よりも控えめな表現になります。

 

may as well+動詞の原形~ と、might as well+動詞の原形~

これは、「~したほうがよい」「~してもよい」

という意味では同じように使われます。

You may as well study now.

You might as well study now.

You might as well take that train as walk.

という文なら、後ろに as+動詞の原形 をともなって、

「あなたは歩くくらいならあの電車に乗ったほうがよい。」

となります。

このような、「…するくらいなら~したほうがよい」は

might を使用します。

 

重要慣用動詞句

conform to      従う

bid for           入札する

pull over        車を片側によせる

collide with    衝突する

mark down    値下げする

rule out        除外する

go with        似合う

interact with   交流する

turn around    好転させる

elaborate on   ~について詳しく述べる

bring out       市場に出す

work out        解く

bargain with    交渉する

go in for         参加する

reside in        住む

converse with    ~と話す

fill in for          代理をする

wrap up           ~を終える

pull together      協力する

call off            ~を中止する

draw on          ~に頼る

defer to           ~に従う

pass out          ~を配る

まとめ~現在の楽天英語教材人気No.1は

英作文を上達するためには、上記のような重要慣用句

の引き出しを増やすことが決め手になります。

このような英語上達の近道となる英語の引き出しを増やす

現在楽天でランキングされている英語教材を紹介します。

楽天No.1にあるのは↓の7+Englishです

7+Englishはあの七田式の習得方法で

返金保証付きで自信をもっている教材といえる

でしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ英語教材トップ5!
ネイティブ・イングリッシュ
たった60日で英語が話せる!世界の七田式英語教材7+English
スタディサプリEnglish
ストアランキング1位!実績の英語学習アプリがこちら!
★英語教材の定番★【アルクのヒアリングマラソン】
スーパーエルマー
ネイティブの思考が身につく究極の教材が10日間無料試聴できます!
最近の投稿