正しい英語の習得方法を提供しています!

トランプ新政権の経済反応と政策を英語で答える

驚いたことに、トランプ氏が大統領選挙に勝ちました。

良きも悪しも、現実を受け入れなければならず、

今回はトランプ政権の経済運営についての英文を紹介

してみたいと思います。

trumpseiken

トランプ勝利後の市場の反応と経済政策予想

Treasuries continued their sell off and major equity indices

increased to new record highs, as expectations  continue and

increase for both future deficit and for inflation.

Trump signaled very strongly during the presidential campaign

that his plans included building up the military, building more

infrastructure and passing large supply side tax cuts.

He will very likely get assistance from Congress o the defense

spending and tax cuts. But Infrastructure spending may be

more difficult.

 

(要約)

トランプが当選した後、米国債券市場は大きく売られ続け、

株式インデックは買われレコードハイを記録しました。

それはトランプが掲げている

減税と公共投資や軍事費増強の財政拡大の見通しを反映

したものです。

議会は減税や防衛軍事費などの政策には賛同をえられよう

ですが、インフラなどの公共投資で理解を得るのは難しい

と思われます。

 

疑問点について

Although the market made a risk-off reaction after surprising

Trump win at presidency election by higher inflation expectation.

According to Trump campaign at Presidency, He is planning to

expand military and infrastlucture spending , while he is planning

supply side tax cuts.

Do you think this market reaction towards inflation increase will

be continued toward next year? and 10 yr yield continue to higher

towards 3% next year?

 

As mostly expected, Yellen will leave FED chairman on Feb.18

under the new Trump administration.

Most market participants today operated only under a

discretionary monetary policy. but it may be that a more

ruled based policy run by functionaries will now take place.

Yellen is unlikely to be retained after Feb.18.

 

Should inflationary pressures materialized as the budget deficit

increases on infrastructure spending and tax cuts.

Do you think FOMC might provide forward guidance that differs

from current expectations?

大方の予想しているとおり、現在のイエレン議長は新しい政権下

で退くと思われています。

しばらくのあいだは、暫定的な金融政策のもとで金融参加者は動く

ことになりそうですが、今後減税と財政赤字の拡大によるインフレ

についてのフォワードガイダンスがFOMCによってなされると

思いますか?

 

まとめ

トランプの政策は、減税と公共投資増加による財政悪化が

見込まれています。よってインフレが起こりやすいとも

いわれており、これを焦点として経済政策については

語られています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ英語教材トップ5!
ネイティブ・イングリッシュ
たった60日で英語が話せる!世界の七田式英語教材7+English
スタディサプリEnglish
ストアランキング1位!実績の英語学習アプリがこちら!
★英語教材の定番★【アルクのヒアリングマラソン】
スーパーエルマー
ネイティブの思考が身につく究極の教材が10日間無料試聴できます!
最近の投稿