正しい英語の習得方法を提供しています!

トランプ氏がしゃべっている英語がブロークン・イングリッシュって本当なの?

いよいよ窮地に立たせらたトランプ大統領候補ですが、

トランプ氏の演説は、いたってシンプルで小学校、中学校

レベルの英語演説だとよく聞きます。

トランプ氏のお決まりのフレーズとは

Make America great again.(アメリカを再び偉大な国にしよう)

America is going to be strong again.(アメリカは再び強い国になる)

We are losing but start winning again.(私たちは負けている。だが再び勝ち始める)

これらはトランプ氏が選挙キャンペーンの演説等でよく使っている

フレーズです。とてもシンプルで短く、英語を母国語としない外国人

にさえ容易に理解できる単語が並んでいます。

トランプ氏の英語はブロークンイングリッシュ?

↑トランプ氏の謝罪メッセージ

米国人からいわせると、トランプ氏の話し言葉は「ブロークン・イングリッシュ」

のようです。ニューヨーク州クイーンズ生まれの同氏はニューヨーク独特の

訛なまりも強いため、その他の地域の人にとっては

聞きづらい部分もあるそうです。きれいな英語を話さず、文法の間違いも多い

ともいわれています。

米国、特にニューヨークでメディア業界の界隈かいわいに身を置いていると、

ニューヨーカーたちはトランプ氏やそのスピーチをジョークのネタにして笑ったり、

「なにそれ、トランプみたい」とばかにする対象にもなっている英語のようです。

トランプ氏は不動産業で成功した大富豪であるため、エリートであるかのように

誤解する人も多いだろうが、実際は真逆のようです。同氏の支持者はブルーカラーの

白人層が圧倒的に多く、簡単でわかりやすい英語を話すせいか、実は米国に住む

移民労働者からも高い支持を得ているといわれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ英語教材トップ5!
ネイティブ・イングリッシュ
たった60日で英語が話せる!世界の七田式英語教材7+English
★英語教材の定番★【アルクのヒアリングマラソン】
スーパーエルマー
ネイティブの思考が身につく究極の教材が10日間無料試聴できます!
スタディサプリEnglish
ストアランキング1位!実績の英語学習アプリがこちら!
最近の投稿