正しい英語の習得方法を提供しています!

英語の5文型を意識することがとても大事である!

日本人には比較的とっつきやすい英語の文法については

英語のペラペラ話すための訓練では、あながち軽視されて

しまう傾向があります。

ところが、この↓の英語の4文型を把握することは英語が

ペラペラになるにはとても重要です。

そこでわかりやすく復習してみたいと思います。

 

第1文型(SV)

さて4つの主要素が分かった所で、さっそく第1文型から見ていきましょう。

第1文型はとてもシンプルに「S+V」すなわち「主語+動詞」の文章で、「

SはVする」という意味になります。

第2文型(SVC)

第1文型にC(補語)が付いて「S+V+C」「主語+動詞+補語」となった物が

第2文型です。「SはCです」と考えると分かりやすいでしょう。第1文型よりも

より自然な文章が出来、一番利用頻度の高い文型です。

(例)
This is a banana. / これはバナナです。

He is my teacher. / 彼は私の先生です。

You are tall. / あなたは背が高いです。

That car is expensive. / あの車は高いです。

先ほど紹介した通り、補語には名詞か形容詞のみ使えます。例文の上2つは「

an apple」「my teacher」と名詞が補語になっており、下2つは

「tall」「expensive」と形容詞が補語になっています。どちらもS=C

となっているのが特徴です。

第3文型(SVO)

第1文型にO(目的語)が付いて「S+V+O」「主語+動詞+目的語」となった

物が第3文型で、「SはOをVする」という意味になります。第2文型と似て見

えますが、S=Oの関係は成り立ちません。

 

第4文型(SVOO)

第4文型は、「S+V+O+O」とOが2つ付きます。Vのすぐ次のOが

「間接目的語」で「〜に」という意味、2つ目のOが「直接目的語」で「〜を」

という意味を持ちます。つまり「SはOにOをVする」という意味になります。

(例)
I bought her a present. / 私は彼女にプレゼントを買った。

He gave me flowers. / 彼は私に花をくれた。

He made his son a toy. / 彼は息子におもちゃを作った。

この場合Oは2つ共名詞になりますので、「動詞+名詞+名詞」という形を見れば、

ほぼこの第4文型であると思って良いでしょう。また1つ目のO(目的語)は

「〜に」という意味で、ほとんどの場合「me」「you」「her」など人が入る事が多いので覚えておきましょう。

第5文型(SVOC)

第5文型は「S+V+O+C」「主語+動詞+目的語+補語」で成り立ちます。

この文型のC(補語)はS(主語)ではなく、O(目的語)について説明しています。

CはOについて説明しているので、「O=C」が成り立つ事に注目してください。

よって意味は「Sは(O=C)をVする」です。よって「O+C」を一つの塊として

見てしまうと、第2文型(SはCをVする)と同じ作りになっていると考えられます。

こう説明すると少し難しく感じると思いますので、まずは例文を見てみましょう。

(例)
I make you happy. / 私はあなたを幸せにします。

I call him Tom. / 私は彼をトムと呼びます。

She made me cry. / 彼女は私を泣かせました。

He named his dog Bob. / 彼は彼の犬をボブと名付けました。

上記の例を見ると、「you=happy」「him=Tom」「me=cry」「his dog=Bob」

と「O=C」になっているのが分かりますよね。これが第5文型の特徴です。

第4文型ではO=Oは成り立たないので、ここで見分けてください。

 

文型がわかれば英語は簡単!

以上5つの基本文型を説明してきましたが、いかがでしたか?実は英語の文章では

どれだけ一文が長くなっても、すべての英文がこの5文型のどれかにあてはまり

ます。この5文型を見分けることが英語がペラペラになる近道となるのです。

まず、S(主語)とV(動詞)を探します。文章の中で一番見分けやすいのがVです。

まずはVが分かれば、そのVを誰が(又は何が)するのかを探せば、それがSになります。

ほとんどの場合Sは文章の最初に出てきて、人や物、名前である事が多いです。

次にV(動詞)の後にC(補語)やO(目的語)があるかどうかを探します。Vの後に

Cがあって「S=C」が成り立てば、「SはCです」という意味の第2文型になります。

Vの後にOがあり「S≠O」であれば、「SはOをVする」という第3文型となります。

最後にVの後に「O+O」又は「O+C」があるかどうかを探します。Vの後に名詞が

二つ続く場合は「O+O」の第4文型である事が多いです。またVの後に「O=C」が

成り立つ場合は、第5文型となります。

このように英語の文型を見分けることがなぜ大事なのかといえば、英語は文節で構成されて

おり、それを見分ければ、自然にリスニングからリーディングまで自然に耳

や頭にはいってくることが可能になるからです

これは意識していけば自然と身についてくるので、是非ともがんばりましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ英語教材トップ5!
ネイティブ・イングリッシュ
たった60日で英語が話せる!世界の七田式英語教材7+English
スタディサプリEnglish
ストアランキング1位!実績の英語学習アプリがこちら!
★英語教材の定番★【アルクのヒアリングマラソン】
スーパーエルマー
ネイティブの思考が身につく究極の教材が10日間無料試聴できます!
最近の投稿